ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2015-02

[全般]米長期金利とドル円連動性高まる

イエレン議長議会証言がこの日下院でも行われたが、市場の反応は限定的となる中方向感をつかめずにもみ合いが継続。一方、米長期金利の動向にドル円は連動性を高めている。
本日下院で行われたイエレン議長の証言内容は前日と大きな違いはないものの、よりFRBの姿勢を明確にした。議長はフォワードガイダンスの変更は利上げの是非を検討することを意味すると発言。前日に「忍耐強く」といった文言が削除されたとしてもすぐに利上げを意味するものではないとした内容を一歩強めた印象がある。また、あいまいな内容となった雇用に関しても「ようやく完全雇用に近づいている」「労働市場の改善は賃金の上昇を意味する」と発言するなど、雇用に対して前向きな姿勢を示した。これらを総合的に判断してみるとハト派的というよりも寧ろタカ派的な面も見られる。市場の利上げ期待の偏りを抑えようとする意図が見える。市場は金利動向に対し敏感に反応しやすくなっており、株価よりも米長期金利の動向にドル円など連動性が高まっている。
ただ、市場は年内にもゼロ金利解除に向けて動き出すという見方はコンセンサスを得ている。米長期金利もイエレン議長の発言で一旦は低下したものの、いずれ上昇に向かうとの見方は強く、ドルも長期的にみて底堅い動きが予想される。
ギリシャリスクが一先ず後退し、注目のイエレン議長議会証言も終わったことで市場のボラティリティ―は低下し始めている。市場は米国金利動向を見極めようとする動きが今後強まるとみられる。今日発表の米耐久財受注や消費者物価指数次第で長期金利の動向が左右される。ただ、今の状況では一方向に偏りにくく、金利動向を見ながら短期取引を中心とした動きが続くとみる。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円]クロス円が底を支える

(米ドル円日足)


(米ドル円時間足)

USD_JPY_20150226_jikanashi.jpg


イエレン議長が利上げに慎重姿勢を見せたことで市場は発言前に買っていたドル買いのポジションの解消に向かった。売り一巡後に再度上値を試したものの119円台に入ると売りが並ぶなど、上値の重さが目立つ。米長期金利は1.96%まで低下してきたことでドルは全般に上値が重く、今日は再度下値を試す展開を予想する。本日26日には変化日を表す一目の雲のねじれが生じている。市場全体のポジションはニュートラルに近く、何か突発的な材料が出ればどちらかに大きく振れる可能性が高い。ただ、ギリシャ問題も後退しイエレン議長議会証言というイベントも終わったことで市場のボラティリティ―は低下。値動きはどちらに行っても方向性を見出すには材料不足だ。今日も119円を挟みもみ合いとなりそうだ。

ドル円予想レンジ:119円10銭(38.2%)~118円25銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ポンド円]GDP改定値に期待高まる

(ポンド円日足)


(ポンド円時間足)

GBP_JPY_20150226_jikanashi.jpg


イエレン議長が利上げに慎重な姿勢を示したことで米長期金利が低下。一方、英国のフォーブスMPC委員が先日、経済は持続的で賃金の伸びが持ち直していることで、どこかで過去最低水準金利を終わらせる必要があると発言。ECBやFRBとの金融政策の違いからポンドは対ドル対ユーロで上昇。また、ギリシャリスクの後退やイエレン議長議会証言が終わったことでリスク回避の動きも後退する中で、対円でも上昇傾向がみられる。対ドルでポンドは1.55ドルを回復してきたことで、一先ず下落トレンドに歯止めがかかった。
対円で1月に付けた高値187円台を試しに行くとみている。ただ、ドル円がしばらくもみ合いに入ったことで、レジスタンスである185円手前で一旦は売りを出しておきたい。

ポンド円予想レンジ:184円90銭(76.4%)~184円00銭(23.6%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[カナダドル円]ダブルボトムからダブルトップへ

(カナダドル円日足)


(カナダドル円時間足)

CAD_JPY_20150226_jikanashi.jpg


未明にポロズBOC総裁が3月の利下げの可能性を示さなかったことや、原油安に対し調整する余地があると発言。これを受け、カナダドルは対ドル対ユーロ、そして対円でも値を上げた。カナダ円は20日つけた安値94円15銭を抜けずに再度跳ね返された。また、ネックラインの95円50銭を上抜いたことでダブルボトムを形成。次のレジスタンスは2月17日に付けた高値96円40銭が意識される。このレベルを超えられなければ今度はダブルトップを形成し、再度下落に転じるとみる。
昨日は原油価格がサウジ石油相の発言で上昇したこともカナダドルを下支える。
今日のNY時間にはカナダの1月CPIが発表され、前月から改善すると予想される。予想を上回るようであれば利下げ観測が後退しカナダドルの買いが強まることになる。米国金融政策の行方が不透明な中で市場は方向性のわかりやすいカナダやポンドに注目が集まりやすい。ただ、長期的なトレンドは見られないだけに短期取引で臨みたい。

カナダ円予想レンジ:96円40銭(BB上限、38.2%)~95円20銭(23.6%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する