ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2015-06

[全般]米雇用統計とECB政策会合で欧米金融政策の行方占う

先週は米国の年内利上げ観測が高まりドルが全面高となる中でドル円は約3か月続いた膠着状態から久しぶりにレンジの上限をブレークした。
欧米の連休中にイエレン議長が年内利上げの可能性を示したことや、米CPIコアが予想を上回ったことがドル買いを促した。フィッシャーFRB副議長やその他複数の連銀総裁も利上げに前向きな発言や、耐久財受注や新築住宅販売、GDP改定値といった指標も予想以上の好結果となった。市場はいよいよFRBが利上げに動き出すとの期待が高まる中で、出遅れたドル円に買いが集まった。
今週はそのFRBの利上げをより明確なものになるかを占ううえで重要な指標となるPCEコアやISM製造業,そして週末の米雇用統計が発表される。特に、米雇用統計はこれまでの悪天候や原油安などで落ち込んだ反動で予想を上回る可能性が高く、ドル高が更に加速されるとみられる。
一方、ギリシャ債務問題を抱えるECB理事会が開かれる。先日クーレECB理事が夏前に現在のQEペースを加速させると発言しただけに、何らかの追加策が示されるか注目が集まる。また、6月5日に迎えるIMFへの返済が滞るようであればその直前までユーロ売りドル買いの動きが強まりかねない。反対に、もし追加緩和策が打ち出されず、ギリシャの返済が実施されるとなればユーロ買の買い戻しの動きが一気に強まることになる。
今週はFRBとECBの金融政策の違いが改めて意識されるのか、或は行き過ぎたドルの巻き戻しが入るのか注目したい。
また、先週の上海総合指数が大幅下落するなど中国経済への懸念も拡大し始めている。今週発表の中国製造業PMIやサービスPMIといった指標には注意したい。中国のバブルが弾けるようであれば米国景気の足かせにもなりかねない。更に、中国景気減速は下落が止まらない豪ドルでも目が離せない。
今週はその他にも英国中銀BOEの政策会合やカナダの雇用統計も発表されるなど、先週値動きの激しかったポンドやカナダドルにも注目しておきたい。





※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円]125円を天井に調整の動き

(米ドル円月足)


(米ドル円時間足)


ドル円は米国利上げ時期が年内になるとの見方が確実視されたことでドル円は長く続いたレンジの上限をブレークし7年10か月ぶりの高値124円48銭まで上昇した。これまでの膠着状態から抜け出したことで他通貨ペアに比べても上昇幅は最も大きいものとなった。また、世界的な株高もリスク選好の円売りを促したこともドル円の底を更に押し上げる要因となった。また、先週開かれたG7後の記者会見では為替への言及はなかったこともドル円買いの安心感に繋がるものだ。
一方、上海総合指数が大幅下落したことや、日銀が今の時点で追加緩和の必要性のないことを明らかにするなど、円高リスクも燻ぶる。
今週の市場の注目は米ISMや雇用統計などで、これまでの反動からの期待感は高まる。
市場はそれを見込んだドル買いが先行しているだけに、予想通りか下回るようであれば調整的なドル売りに繋がるとみている。
ただ、本邦勢などをみると全般にドル買いの出遅れ感が強く、下げたところでは買いが並ぶことから、下げ幅も限定的とみる。
ドル高円安の流れに変化はないものの、雇用統計発表までは2002年12月に付けた高値125円台を天井とした時間調整が続くとみる。


今週のドル円予想レンジ:125円50銭~ 123円00銭(50%)





※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ米ドル]ECB追加利下げ期待とギリシャ債務返済懸念に対する反発も

(ユーロ米ドル日足)


先週のユーロはドル高やギリシャ債務返済問題などから弱含みで始まった。しかし、その後は債務返済期待からユーロの買い戻しの動きが入るなど、底堅い動きで引けてきた。
今週はECB理事会や米雇用統計などのビッグイベントを控え、欧米金融政策の違いを改めて見極める週になりそうだ。
6月5日にはギリシャのIMFに対し3億ユーロの返済期限を迎えることから、その直前まで神経質な展開が予想される。ただ、ギリシャ側からは合意に達するとし、5日の返済資金も十分あると主張。一先ず、今回の返済は滞りなく実施されるとみられる。
また、3日に開かれるECB理事会では更なる追加緩和策の政策努力が打ち出されるか注目が集まる。先月19日にはクーレECB理事が夏前にQEペースを加速させると発言。その後ノワイエ仏中銀総裁やノボトニー理事も追加緩和に前向きな意見を述べたこともあり、市場の一部には何らかの追加緩和への言及が期待される。ただ、今回の理事会でドラギ総裁がそのような追加緩和に言及する可能性は低いとされるだけに、失望感からのユーロの買い戻しが入るとみる。
しかし、中長期でみると欧米中銀の金融政策の違いは明らかでありユーロの下落傾向に変化はないと。
ボリンジャーバンドの下限が下値を支えたことで目先はBB中心線やフィボナッチの38.2%戻し、そして下降トレンドラインに向けた買い戻しの動きが強まるとみる。


今週のユーロドル予想レンジ:1.1270(38.2%)~ 1.0870





※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[豪ドル米ドル]RBA会合と中国株価動向に注目集まる

(豪ドル米ドル日足)


米利上げ期待からの米ドル買いが豪ドルの上値を抑えると同時に、中国景気減速からの上海株下落などが重なり豪ドルの下落が加速している。
今週は中国製造業PMIやサービスPMIといった指標が発表されるが、結果次第では更なる中国株価の下落を促す可能性が燻ぶる。また、豪州では1-3月期GDPや経常収支といった重要指標と同時にRBA政策会合が開かれる。
前回追加利下げを実施した後だけに当面追加緩和の可能性は低いものの、今後も追加緩和の可能性が示されそうだ。不安定な中国株式市場や、豪州景気減速不安などから市場は悲観的なセンチメントに傾いている。また、米ドル上昇期待などもあり豪ドルの売りが既に一巡した可能性が高い。
今週は、その悲観的な豪ドル売りへの反動が寧ろ入りやすく、少しでもポジティブな材料がみられるようであれば豪ドル買いに反応しやすい。
今年最安値となる0.7535がサポートされるようであれば、そろそろ豪ドルの底固めに入るとみる。


今週の豪ドルドル予想レンジ:0.7780(38.2%)~0.7535(今年最安値)





※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する