ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2015-06

[全般]FOMC会合利上げ示唆も織り込み済み

先週は米独長期金利の上昇と下落などに左右される動きが目立つ中で黒田総裁の円安けん制発言によりドル円も乱高下。米国の利上げが間近になる中で為替だけではなく株や債券市場でも不安定な動きが続いた。
今週は米国の今後の金融政策に大きな影響を与える、注目のFOMCが開かれる。
既に発表された5月の米雇用統計や小売売上などは予想を上回る好結果を示しており、利上げに十分な条件が整いつつあるといってよい。
市場は年内の利上げを織り込み始めており、寧ろこれまでの内容を繰り返すようであれば為替市場ではドルの失望売りが強まる可能性が高い。そうなれば株式市場は上昇し、リスクオンによる円安が進行し、結果的にドル円の動きは限定的となる。
一方、予想通り利上げに動き始めるとのサインが示されるようであればドル高と同時に、株式市場は下落し円高が進行。
どちらにしても利上げ自体は大分織り込まれていることから、相場への影響は一時的なものと予想される。

今週はFOMCによるユーロやポンドの金利や通貨への影響にも注目したい。
米国景気回復は欧州の景気にも影響し、最近のユーロ圏経済指標は改善傾向にあり、物価も上昇。これを背景にドイツの長期金利は一時1%台に乗せるなど、金利上昇傾向がみられる。金利の上昇はユーロの買い材料ではあるが、同時に株価の下落を促すものであり不安材料でもある。
今週はドラギ総裁の欧州議会の公聴会での発言や、ドイツ・ユーロ圏ZEW、そしてユーロ圏財務相会合が開かれる。ギリシャデフォルト不安も燻ぶるなかで金利動向次第では荒っぽい動きに繋がる。
先週S&Pが英国の格付け見通しを引き下げたものの、ポンドは堅調な地合いが続いている。今週は英国の雇用統計やMPC議事録が公開され、利上げの可能性が示唆されるようであれば上値を試す展開も予想される。

日本では日銀金融政策決定会合が開かれ、その後の黒田総裁記者会見に注目が集まる。
先週黒田総裁の円安けん制発言でドル円が大きく下落したことから、総裁発言には神経質に反応しそうだ。
いずれにしても今週のFOMCで今後の米金融政策の行方がより鮮明になることは確かで、各市場での調整的な動きによる不安定な相場展開は継続するとみる。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円]日銀黒田総裁記者会見に注目集まる

(米ドル円日足)

USD_JPY_20150615_hiashi2.jpg

先週はオバマ大統領が強いドルは問題と発言したとの報道でドル円が急落するなど、ひやりとした場面があったが、直後に否定され買い戻された。
しかし、要人発言に市場の警戒感が高まるなかで、黒田総裁の円安けん制とも取れる発言で再びドル円は急落。先週の安値122円46銭まで下落するなど、米雇用統計後の高値125円86銭から3円40銭下落した。
122円前半からは買い遅れた実需や資本筋などのドル買い注文が並んだとみられ、下げ止まった。その後、菅官房長官や甘利経済再生相による黒田総裁への否定的な発言も見られ買い戻されたが、高値警戒感は払しょくできなかった。
今回のドル円の乱高下は円が主役となったが、今週はFOMCというビッグイベントを控えドル主役の相場展開に戻る。
FRBの年内利上げはほぼ織り込んでいることから、早期利上げの可能性が示されるようであれば一時的なドル買いが進むとみる。一方で、株式市場では下落に繋がることから、リスクオフによる円買いも同時に進行し、上値も限定的となる。
黒田総裁発言により125円台が意識されただけに、かなりの売りが並んでくるとみる。特に、今週の日銀会合後の黒田総裁記者会見には市場の注目が集まりそうだ。先日の発言を修正するようであればドル買戻しの動きが強まることになる。
反対に、その話に触れられないようであれば、総裁の本音がけん制発言であると市場は受け止めるだろう。
TPA法案の行方も混とんとする中で、米当局者からもドル高に対するけん制発言も出やすく、今週のドル円はレンジを大きく逸脱することはないとみる。

今週のドル円予想レンジ:125円00銭~122円50銭(先週安値)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ米ドル]ギリシャ交渉大詰めでリスク高まる

(ユーロ米ドル日足)


先週のユーロはドイツ長期債利回りの上昇により堅調な地合いでスタート。しかし、ギリシャとIMFの支援協議が中断するなど緊迫状態が続く中ユーロの上値も抑えられた。
6月末には約72億ユーロの返済期限も迎え、手続き上18日に開かれるユーロ圏財務相会合がその最終協議となる。ギリシャのデフォルトが現実味を帯びるようであればユーロは必然的に売りが強まる。
しかし、これまで何度も困難な場面を乗り越えてきたユーロだけに、市場には楽観的な見方もあり、決裂したとしてもその影響は一時的なものにとどまるとみる。
また、今週はFOMC会合が開かれ、年内の米国利上げへの期待が高まれば一時的にドル買いが進むとみられる。ただし、こちらも市場は大分織り込んでいると考えられ、レンジを大きく超えてドル高ユーロ安トレンドが再開されるとは考えにくい。
日足ボリンジャーバンドは±2σの1.15から1.08の横這いに入っており、当面1.15ドルの上限を超えるのは難しいとみる。
今週の底値目途としてはマイナス1σの位置する1.1ドル付近とみるが、勢いがあれば1.08ドルが次のサポートになる。

今週のユーロドル予想レンジ:1.1470(5月15日高値)~1.1000(BB-1σ)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[豪ドル米ドル]RBA議事録で底値からの反転も

(豪ドル米ドル日足)


先週はRBNZの予想外の利下げによりNZドルが急落したことで豪ドルへの影響が懸念された。しかし、寧ろNZドルを売って豪ドルを買う、いわゆるオージーキウイ買いの動きも見られ底堅い動きで推移。0.76ドル付近の底固めは依然続いている。今週16日にRBA議事録が公開されるが、今後追加緩和の必要性が示されないようであれば更にオージーキウイの買いが強まり豪ドルは底堅い動きが予想される。FOMCの結果ドル買いが進む可能性もあるが、寧ろそれでも0.76ドル付近がサポートされるようであれば強い上昇力のサインとみる。
日足チャートでは今週はこのままいけばボリンジャーバンドの中心線とクロスするだろう。
相場の変化を表すMACDはシグナルを下から上に抜ける直前に位置し、上抜けするようであればボリンジャーの中心線を超えて上昇に転じるサインとみることができる。

今週の豪ドルドル予想レンジ: 0.7880(50%)~0.7600

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する