ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2015-07

[全般]ギリシャ・中国危機、一時的後退でリスクオン

先週末にギリシャが欧州側に改革案を提出したことや、中国株価が上昇に転じたことで市場にはリスク回避の動きが後退。ユーロやドル円が上昇に転じた。
先週末にギリシャがEUに提出した改革案はEUに譲歩した内容となったことを受けギリシャの破たんとユーロ離脱という不安が後退。また、上海総合指数が大幅反発したことも市場に安心感を与えた。
これらを受けユーロが上昇し円もリスクオンによる売りが強まったが、不安がこれで払しょくされたわけではない。
12日のEU首脳会議ではドイツの出方が注目されるものの最終的に支援の方向で決着がつくとの見方が広がっている。週末はギリシャがEUに譲歩したことで合意を先取りした格好でユーロやドル円が上昇した。
しかし、今週前半に行われるギリシャ議会での増税法案が可決されない場合には再びギリシャ破たん危機に逆戻りする。また、ドイツ国内でも合意内容の採決が必要となり、その承認が得られない場合も同様だ。これらを上手く乗り越えられるようであれば16日に行われるECB理事会でギリシャ銀行への資金供給が実施される。それまではまだ予断を許さない状況が続くことになる。
また、中国株式市場でも依然としてリスクは燻ぶる。上海総合指数の半数以上の銘柄が取引停止という異常な状況が続く中で、再び下落するリスクを抱えている。
今週は中国4-6月期GDPや鉱工業生産といった重要な指標が発表される。
これらが予想を下回るようであれば改めて中国景気減速が確認され株価が再び下落に転じる恐れがある。
中国景気はギリシャ問題以上に世界景気に影響を与えるものであり、中国株価動向には目が離せない。
先週末にイエレン議長が年内利上げの可能性を示したことでドルや米長期金利が上昇した。一方で、予想外のことが利上げを遅らせる、或は早める可能性があると指摘。ギリシャや中国危機を睨んでの発言とみられるが、これらが落ち着けば寧ろ利上げ時期が早まる可能性を示したとも受け止められる。

今週は日銀会合後の黒田総裁記者会見や、イエレン議長の議会証言、そしてECB会合後のドラギ総裁記者会見やBOEのカーニー総裁発言といった重要イベントが控える。
ギリシャや中国の不安感が残る中で、このような発言に対し週明けから神経質に反応してくるだろう。しかし、これらを経ることで今週は各国金融政策の行方が見極められる重要な週になりそうだ。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円]リスク回避の動き後退で巻き戻し

(米ドル円8時間足)


12日のEU首脳会議では何とか支援に辿り着くとみられ、先週末は円安が一気に進んだが、週明けのシドニー市場では注意が必要だ。
週末東京市場ではEUがギリシャの改革案を受け入れるとの見方が広がりユーロを中心にクロス円の巻き戻しが強まった。また、上海総合指数も前日に引き続き大きく上昇したことで市場の不安感が後退し安全通貨である円が売られた。
NY市場ではイエレン議長が年内の利上げの可能性を改めて示したことから米長期金利が上昇。日米金利差拡大期待からドル円は先週の高値圏で引けてきた。
ギリシャデフォルト懸念に加え中国株価急落が市場の不安を掻き立て、先週前半は円買いの動きが一気に進んだが、それも一先ず後退。12日のEU財務相会合で支援が可決されるとの見方が既に市場では支配的だ。万が一受け入れない場合には再びドル円は週明け早々121円割れを試す展開も予想される。しかし、最悪な状況は一先ず超えてきたことで大きな混乱は回避される可能性は高いとみられる。

<中国株価動向>
今週はギリシャだけではなく中国株価の動向次第で波乱含みの展開が予想される。ただ、先週の反転の動きが継続されるのであれば、全般にリスクオンの動きが継続するとみる。

<米国金融政策の動向>
今週は先週に引き続きイエレン議長の議会証言に注目が集まる。ギリシャや中国への懸念が示されるとみられるが、年内利上げの可能性が改めて確認されるようであればもう一段の上値を試す展開が予想される。

今週のドル円予想レンジ:123円80銭(61.8%)~121円30銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ米ドル]ユーロ買い戻しが終わればドル買いへ

(ユーロ米ドル日足)


週末にギリシャ議会がEU側の要求に歩み寄る改革案を承認したことで一先ず支援再開の目途が見えてきた。今後は債務減免やESMによる3年の融資をドイツがどこまで受け入れるかにかかる。
今週もギリシャ問題は予断を許さない状況が続くものの、ユーロ離脱という最悪のシナリオが一先ず後退したことでユーロの買い戻しがもう暫く続くとみる。
一方、イエレン議長は中国やギリシャなどの予想外の危機が利上げ時期を後退させる可能性があると発言。一方で、回避されれば利上げが早まる可能性も示唆。
今週はイエレン議長の議会証言があるが、中国やギリシャ問題が収束した時に利上げの可能性を再度示すようであれば、ドル買いの動きが強まるとみる。
従って、ユーロ買いが一巡したところでは再度売りが強まることから上値は限定的とみる。
三角保ち合いの上限となる1.15に近づいたところが上値目途とみる

今週のユーロドル予想レンジ:1.1450~1.1100

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[豪ドル円]豪ドルにとって中国株価動向が焦点

(豪ドル円日足)


ギリシャデフォルト懸念による市場の不安心理が拡大する中で、中国株価が急落。新興国の景気減速懸念を背景にコモディティー価格が下落したことで、豪ドルは対ドルだけではなく対円でも下落。先週は今年最安値となる89円35銭を下回り89円16銭まで下落した。
しかし、ギリシャの改革案を債権者が受け入れるとの見方が広がりギリシャのユーロ離脱の可能性が低下。中国も空売り規制や銀行の株を担保とした融資延長など力技とも思える策を実行したことで反発。
ギリシャだけではなく中国経済も危うい状況に変わりはないものの、一先ず最悪の状態を回避したことで市場に安心感が広がった。
今週は中国4-6月期GDPや鉱工業生産など今後の景気を占ううえで重要な指標発表を控える。もし、中国経済の減速が改めて示されるようであれば再び中国株価の暴落を引き起こしかねない。しかし、中国政府が何らかの操作を行う可能性もあり、そうなれば株価が支えられることで豪ドルも落ち着きを取り戻すだろう。
今週は一先ずリスク回避が後退し円が売られやすい状況だけに、豪ドル円も底堅い動きが予想される。

今週の豪ドル円予想レンジ:92円80銭(61.8%)~90円00銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する