ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2016-09

[米ドル円]日銀総括検証次第で反発も

(米ドル円4時間足)


先週末に発表された米CPIで再び9月米利上げの可能性が残されドル円は102円台をキープして引けてきた。実際に9月利上げの可能性は極めて低いものの年内利上げ観測が燻ぶる限りドルの下値は限定的とみる。
一方、日銀の追加緩和の可能性は高いものの既に織り込み始めていることから、もし今回見送られるようなら一時的にドル円は100円台を試す展開が予想される。三角保ち合いが収束しているだけに下に放れる可能性が高まる。下値目途は保ち合いの下限となる101円20銭(フィボナッチ61.8%)だが、勢いがあれば100円ミドル付近が次のサポートとみる。
今週は日本の祝日が入るシルバーウィークでもあり介入警戒感が低下することで円高に振れやすい。しかし、今回の日銀総括検証で信頼性が高まるようならドル円反発の可能性も十分考えられる。先週末には追加緩和を見送ったユーロやポンドが大きく下落に転じている。日銀が緩和を見送ったとしても今後の利下げ期待が高まり最終的に円安に向かうとみている。
いずれにしても、FOMCと日銀会合というイベントが重なることからどちらに傾いてもおかしくない。双方の金融政策の行方を見極めるまでは一方向にポジションを傾けるのはリスクが大きすぎる。
方向性が見えてからポジションを建てても十分間に合う。

今週のドル円予想レンジ:104円30銭~100円50銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ米ドル]FOMC前に急落

(ユーロ米ドル日足)


先週末発表された米CPIが予想を上回ったことでドルが全面高となりユーロは急落。
ユーロドルは1.12ドル付近の損切りを巻き込みながら1.11ドルミドル付近まで売り込まれた。このユーロ売りはFOMCを前にしたポジション調整と考えられる。
ドイツ銀行が金融商品の不正販売に拘ったとし、米司法省が140億ドルの和解金を要求したこともユーロ売りに拍車をかけた。
今週のFOMCでは利上げは見送られるとみられ、その直後はユーロの買い戻しが強まるとみる。
ユーロドル1.11ドル付近にはボリンジャーバンドの下限が位置し、フィボナッチ61.8%戻しにもあたる。
また、8月31日と9月1日にもこのレベルで跳ね返されていることから強いサポートとみる。このレベルを下回るようなら1.09ドルミドルまで強いサポートがみられないことから、追随売りのチャンスとなる。

今週のユーロドル予想レンジ :1.1320(9月8日高値)~1.1100(61.8%、BB下限)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[豪ドル米ドル]下値リスク燻ぶる

(豪ドル米ドル日足)


先週末は米ドルが上昇したことで豪ドルは下落。しかし、ユーロや豪ドルの売りも一部散見された。ユーロやポンドの下落と比較すると下げ幅は限定的となった。
先週は原油価格が下落したことを背景に資源国通貨である豪ドルも急落。8月雇用者数も予想を下回り、豪ドルドルは目先のサポートとみられていた0.75ドルを下回り下落が加速した。
今週のFOMCでは利上げは見送られるとみられるが、年内利上げ観測は根強く米ドルの一段の上昇が見込まれる。ボリンジャーバンドは上昇から下降傾向に入っており戻り売りを狙いたい。
今週20日にはRBA議事要旨が公開される。
追加緩和の可能性が示唆されるようなら、先週の安値0.7440ドル(フィボナッチ50%戻しでありボリンジャーバンドの下限)を割り込みフィボナッチ61.8%戻しとなる0.7380ドル付近を試す展開が予想される。

豪ドルドル予想レンジ:0.7620~0.7380(61.8%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[全般]FOMCと日銀会合で相場乱高下も

先週は米国利上げへの思惑が交錯しドルは方向感の掴み難い状況が続いたが、今週はそのFOMCと日銀会合が開かれる。相場の転換になるのか市場の注目が集まる。
先週はハト派として知られているブレイナードFRB理事が従来通り利上げに慎重な姿勢を示したことでドルは下落。その後発表された米国8月小売売上高が5か月ぶりのマイナスとなったことで更に9月利上げ観測が後退しドル円は102円を割り込んだ。しかし、週末に発表された米CPIが0.3%と予想の0.2%を上回り早期利上げへの観測が再び浮上しドルの買い戻しが活発となった。株式市場は利上げを意識した売りが強まり下落。米長期債利回りは高止まりするなど、FOMCを控え神経質な展開が続いた。
一方、日銀会合に対してはマイナス金利の深堀りを中心とした追加緩和期待が高まる中でドル円の下支えとなった。
今週は注目のFOMCと日銀会合が開かれるが、その結果次第でドル円は100円を割り込む可能性も出てくる。
FOMCでは利上げの可能性は非常に低く、もし見送られても一時的なドル下落で収まるとみる。見送りとなれば株式市場が上昇することでドル円の下支えとなる。声明で年内利上げの可能性が残されるようならドルは上昇に転じる可能性もある。
一方、日銀会合では市場は追加緩和期待が既に高まっていることから、見送られるようならドル円の下落は避けられない。ただ、こちらも次回に含みを持たせることから一時的な下落にとどまるとみてよいだろう。
どちらにしても、この2大ビッグイベントでドルと円の今後の流れが見えてきそうだ。
今週は日本の祝日が入ることから市場の流動性が低下し、相場は乱高下する可能性が高いだけにチャンスの週となりそうだ。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する