ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2017-01

[米ドル円]トランプ政策への戸惑い

(米ドル円2時間足)


米長期金利が上昇し、NY株式市場は三指数ともに上昇。NYダウは待望の2万ドル台を達成するなど、市場に楽観的なムードが漂っている。しかし、それは米国だけの話で、世界の市場はその動きに戸惑いを感じているようだ。金利が上昇してもドルは下落し、株価が上昇しても円が買われるというこれまでとは全く反対の動きが昨日は見られた。
東京市場でのドル円の高値は114円をワンタッチしたもののすぐに下落。NY市場でも113円94銭で押し戻されている。これだけ米長期金利が上昇し株価が上昇すればとっくに114円を超えて115円方向に行ってもおかしくない状況だ。
マーケットはトランプ政策への期待と不安が入り混じる展開がドル買いに対して躊躇させている。
しかし、時間の経過とともに通常のメカニズムに戻るとみる。
目先は113円から114円のレンジ相場が継続するとみる。

ドル円予想レンジ: 113円00銭~114円00銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ポンド米ドル]英国GDPで一段の上昇も

(ポンド米ドル日足)


前日には最高裁判所がEU離脱は議会の承認が必要との判決を下したことでポンドは下落したが最終的に買いが強まった。その前のメイ首相の欧州単一市場からの撤退を決断した時も下落から上昇に転じている。
最近のポンドで売り材料が寧ろ買いを呼び起こすという動きが続いているのは、それだけポンドショートの巻き戻しが入っているとみてよいかもしれない。
昨日もロンドン市場が始まるとポンドの纏まった買いが入りポンドドルは1.25ドル台から1.26ドル台に上昇。
米長期金利が上昇したにも関わらずポンド買いが先行するなど、底堅さが目立つ展開となった。
結局NY市場ではこの日の高値となる1.2635ドル付近で引けており、今日もその流れが継続するとみる。
本日発表される英国10-12月期GDPは前回の0.6%から0.5%に低下すると予想される。しかし、この時期はポンド安と緩和政策から予想を上回る可能性もあり、そうなれば一段のポンド買いに拍車をかけそうだ。
反対に、予想を下回るようなら押し目買いスタンスで臨みたい。

ポンドドル予想レンジ:1.2770(50.0%)~1.2550

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[豪ドル米ドル]窓埋めの買い戻し継続

(豪ドル米ドル時間足)


昨日の東京時間に発表された豪州10-12月期CPIが0.5%と予想の0.7%を下回ったことで豪ドルドルは0.76ドル付近から0.7515ドルまで下落した。目先の豪ドルロングの投げが入るなど、上昇の勢いもそろそろ衰えが見える。
しかし、その後はドルが全般に弱含む中で上下を繰り返しながら結果的に上昇に転じた。
下落の始まった0.76ドル付近ではまだこれまでのロングポジションの調整の売りが並んでいるとみられ、短期的に戻り売りを狙ってみたい。
しかし、最終的には0.77ドルミドルを試しに行く流れは継続とみており、0.75ドル付近では豪ドルロングに切り替えたい。

予想レンジ:0.7600~0.7540(61.8%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[全般]米長期金利上昇とNYダウ2万ドル突破でも

米国長期金利が上昇しNYダウが2万ドル台に乗せたもののドルは寧ろ下落するなど、方向感の掴み難い相場展開が続いている。
東京市場では日経平均株価が大幅上昇となったものの、ドル円は114円で頭を抑えられるなど冴えない動きが続いた。
欧州市場ではポンドやユーロが対ドル対円で上昇。特に材料があったわけではなくドル円は円買いとドル売りの動きに相殺され113円ミドル付近でもみ合いが続いた。
NY市場ではNYダウが待ちに待った2万ドル台に乗せるとリスクオンの円売りが強まる場面も見られた。米長期金利も上昇するなどドル円は113円92銭まで上昇したものの114円の壁を超えられずに失速。
米国長期金利上昇や株高はトランプ新政権の政策を好感したものや、好調な企業決算に支えられたものとみられる。
一方、トランプ大統領はこの日メキシコ国境に壁を作る大統領令に署名。前日にはTPP離脱に署名するなど保護主義的な政策を矢継ぎ早に実行し始めており、これは米国に利益をもたらすものだ。一方で、海外からはその政策に対する不安感が拡大することがドル買いを抑えることになる。これまでであれば、金利上昇でドル買い、株価上昇で円売りというパターンになるが、今回それらが見られない。
いずれこのパターンに戻るとみるが、それにはトランプ政策をもう少し見極める必要がある。それまでは方向感の掴み難い相場展開が続くと思われる。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する