ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2017-10

[米ドル円]114円台再度トライ

(米ドル円日足)


昨日の東京市場では日経平均株価が上昇してもドル円は113円ミドル付近で慎重な動きが続いた。その後欧州各国の金利上昇につられて米長期金利も上昇すると113円後半に上昇。
NY市場でNYダウが上昇し米長期金利も大きく上昇したことでドル円は114円02銭まで買われた。しかし、今回もすぐに押し戻されるなど114円台での滞空時間は短いものとなった。
トランプ氏が共和党内でFRB議長人事の挙手を求めたとの報道でドル円は下落したがその下落幅は30銭程度となった。その後テイラー氏勝利との報道で元のレベルに押し戻されるなど市場へのインパクトはそれ程大きくないように見える。
いずれにしても、FRB議長人事は今日明日にも決定することになりそうだ。それまでは動きにくいものの、最終的にドル買いに繋がるとみている。
113円ミドル付近から下はドル円買いを入れておきたい。

ドル円予想レンジ:114円50銭(7月11日高値)~113円50銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ円]ECB理事会を控え金利上昇

(ユーロ円日足)


昨日の欧州時間に発表されたフランスやドイツ、そしてユーロ圏10月製造業PMIがそれぞれ予想を上回る結果となった。これを受け欧州各国の株価や長期金利が上昇。
133円前半で推移していたユーロ円は133円後半に上昇するなど底堅い動きとなった。
NY市場でもNYダウが大幅高となりリスクオンの円売りが強まるとユーロ円はこの日の高値となる134円20銭を付けた。
ただ、9月22日に付けた今年の高値となる134円40銭には届かずに失速。明日のECB理事会を控え一方向にポジションを偏らせにくいといったところだろう。
明日の理事会では量的緩和縮小ペースに注目が集まるが、予想される9か月延長や縮小規模も大分織り込まれている。スペインのカタルーニャ自治区での独立問題などの懸念材料もあり大きな上昇は見込めない。
ただ、日欧金融政策の違いによるユーロ円の上昇トレンドは今後も継続とみており、最終的にユーロ円ロングはキープしておきたい。

ユーロ円予想レンジ:134円40銭~133円50銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[豪ドル円]レンジ相場へ移行

(豪ドル円日足)


中国共産党大会も閉幕したが中国経済はブレーキをかけることはなく拡大を継続するとみられる。世界的な景気拡大の中で鉄鋼材などの価格上昇から豪ドルの上昇は今後期待される。豪州経済もしっかりしているもののRBAは現行の緩和政策継続姿勢を崩していない。
一方、市場はいずれ利上げに踏み切るとの見方も根強く、豪ドル円の上昇トレンドは今後も継続するとみてよいだろう。
今日は豪州7-9月期四半期CPIが発表されるが前回を上回る結果が予想される。ドル円が114円台を伺う動きもあり豪ドル円は一段の上値を試す展開が予想される。
ただ、ボリンジャーバンドが横ばいに転じており、明日のECB理事会やFRB議長人事などを控え大きな動きは期待できない。
豪ドル円は当面88円から89円のレンジ相場に入った可能性が高いとみて、88円前半では押し目買いを入れてみたい。

豪ドル円予想レンジ:89円10銭(61.8%)~88円40銭(BB中心線)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[全般]米税制改革期待とFRB議長人事

米企業決算や税制改革への期待からNYダウ平均株価が大幅上昇。また、米長期金利も大幅上昇となったことからドル高円安の動きが活発化し始めた。
前日衆院選挙の結果を受けドル円が114円台に乗せたもののその後は失速。
昨日の東京市場で日経平均株価は16日続伸となったもののドル円は113円ミドル付近で慎重な動きが続いたが欧州市場にかけて米長期金利が上昇。明日のECB理事会への期待から欧州金利が軒並み上昇したことを受けたものでドル円は113円後半に上昇した。
NY市場では米企業決算が好調な滑り出しとなったことや税制改革への期待からNYダウ平均株価は一時200ドルを超す上昇となった。また、米長期金利が上昇したことからドル円は一時114円02銭まで上昇。その後トランプ氏が共和党でFRB議長人事挙手を求めたとの報道でドルが下落に転じる場面も見られた。その後テイラー氏が挙手投票で勝利したとの報道で買い戻されたが、まだトランプ大統領の正式な発表は見られない。また、税制改革案に対し共和党の少なくとも3人が支持していないことも伝わっている。
世界的な株高で市場には楽観的なムードが高まるものの米国税制改革やFRB議長人事そして明日に控えるECB理事会などの不透明感がドルの上値を抑えている。
しかし、堅調な米経済の拡大を背景にドル円や主要通貨に対するクロス円の上昇は継続するとみる。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する