ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2018-06

[米ドル円]日米欧金融政策の違いから円安地合いへ

(米ドル円週足)

USD_JPY_20180618_syuashi.jpg

先週行われた日米欧金融政策会合ではFRBが最も利上げに積極的でECBは慎重な姿勢が示される一方で日銀はこれまでの消極的な姿勢を崩さなかった。結果、円は対ドル対ユーロでも売りが先行しやすい状況であることが改めて確認された。
ただ、米中貿易摩擦への懸念が燻ることから一方向に円安が進む地合いではなく、一時的にリスク回避の円買いに振れる場面も見られそうだ。
金融政策の違いによる円安の流れに変化はなく下振れがあればそれは押し目買いのチャンスとみてよいだろう。
上値目途としてはドル円は5月21日に付けた高値111円40銭から半値戻しであり週足ボリンジャーバンドの上限の位置する111円60銭付近が強いレジスタンスとして意識されそうだ。

今週のドル円予想レンジ:111円60銭(BB上限、50.0%)~109円80銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ米ドル/ユーロ円]日欧金融政策の違いから買いチャンス

(ユーロ米ドル日足)


(ユーロ円日足)


先週行われたECB理事会では資産買い入れを年内で終了することが決定された。
ある程度予想されてはいたがこの発表でユーロ買いが先行。しかし、利上げに関しては少なくとも来年の夏までは行わないことが伝わるとユーロは急落。
市場は資産買い入れが終了した半年後には利上げに動くといった期待が失望売りに繋がったとみられる。
ユーロは対ドルで300ポイント余り下落。
対円でも損切りを巻き込みながら高値から2円50銭余り下落した。
対ドルでみるとユーロドルは5月28日に付けた安値1.1510ドルの手前の1.15ドルミドルで下げ止まりこのまま底値を付けた可能性もある。
反対に1.15ドルをクリアに下回るようならユーロの一段の下落に拍車がかかることになるかもしれない。
ただ、日欧金融政策の違いによる円売りが強まる中でユーロ円の下値は限定的とみる。
ユーロ円は中長期で上昇トレンドが始まるとみており損切りは127円ミドル付近に置き128円付近で買いを入れていきたい。

今週のユーロ円予想レンジ:130円10銭~127円50銭(50.0%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[豪ドル円]RBA議事要旨で豪ドル反発も

(豪ドル円日足)

AUD_JPY_20180618_hiashi.jpg

先週は米朝首脳会談への期待からリスクオンによる豪ドル円の買いが先行。
しかし、FOMC会合を機に対ドルでの豪ドル売りが強まるなかで、米中貿易摩擦への懸念が拡大したことが豪ドル円売りを促した。
それでも一目の雲の下限でもありフィボナッチ61.8%戻しとなる82円手前で一先ず下げ止まりを見せた。
今週はRBA議事要旨が公開され注目。
既に緩和政策継続が示されており改めてこの内容で売りが強まる可能性は低い。寧ろ利下げ終了や利上げを示唆する内容が少しでもみられるようなら反転のきっかけになりそうだ。
ただ、82円を割り込みボリンジャーバンドの下限の位置する81円70銭を下抜くようなら81円のレンジの下限を再度試しにいく可能性が高い。

豪ドル円予想レンジ:84円00銭(6月14日高値)~82円00銭(61.8%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[全般]イベント終了でリスクオン

先週はG7や米朝首脳会談、そして日米欧金融政策会合などビッグイベント目白押しとなり神経質な展開となった。今週はこれらのイベント終了によるリスクオンが徐々に強まるとみている。
G7サミット首脳宣言をトランプ大統領が承認しなかったことから週明け東京市場でドル円は上値の重い展開で始まった。しかし、米朝首脳会談を控え楽観的な見方が進む中でリスクオンの動きからクロス円全般に買いが先行。ドル円も110円台を回復すると更に上昇が加速し110円後半まで上がった。
その後開かれたFOMC会合では予想通り0.25%の政策金利を引き上げると同時に年内の利上げ見通しが3回から4回へと引き上げられドル円は110円85銭の高値を更新。
しかし、米中貿易摩擦への警戒感からNY株式市場が下落するとドル円も下落に転じた。
注目のECB理事会では年内に資産買い入れを終了することが伝わるとユーロ買いで反応。しかし、少なくとも来夏までは利上げを据え置くとの報道でユーロは下落に転じた。
また、同時刻に発表された米5月小売売上高やその他の米経済指標が予想を上回る好調な結果を示したことでドル高も重なりユーロは大きく下落。ユーロ円を中心にクロス円が全面安となった。ただ、ドルの上昇速度がそれらを上回りドル円は110円後半まで上昇。
週末に開かれた日銀会合で緩和政策を今後も継続することが改めて示されたことからドル円は110円90銭の高値を更新。
ただ、米中貿易摩擦への懸念が高まる中で円の買い戻しが強まるなど不安材料も燻る。
週初上昇して始まったクロス円は週末には押し戻されてほぼ往って来い。
円はニュートラルとなりユーロやポンドが売られたことで結果的にドルが全面高の展開となった。
<日米欧金融政策の方向性>
先週の日米欧金融政策会合により各国の金融政策の方向性が明確となった。
FRBの利上げ基調は加速する一方でECBは利上げには慎重な姿勢を示した。
日銀はこれまでと同様に緩和政策継続姿勢を崩さなかったことで円は対ドル対ユーロで売られやすい地合いは継続。
多くのビッグイベントが終了したこともリスクオンの円安を促すことになりそうだ。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する