ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2018-10

[米ドル円]111円台底固めから上値トライ

(米ドル円日足)


中国の為替操作国への認定、ブレグジット問題、イタリア財政赤字問題、そして中東の地政学的リスクなどが燻る中、円高に振れやすい地合いで先週は始まった。しかし、為替報告書で中国が操作国として認定されなかったことで一先ず安心感が広がった。また、イタリアが財政赤字目標を変更するとの報道で欧州への懸念は後退。ブレグジット問題はまだ先行き不透明ではあるがメイ首相が歩み寄りを見せたことで極端な警戒感も後退。
円高要因が少しずつではあるが縮小し円安が進みやすい地合いとなった。
米国サイドではFOMC議事要旨がタカ派的との見方が広がり米長期金利は上昇。
日米金融政策の違いによるドル買いの動きも見られる。
一方、NY株式市場は依然として荒っぽい動きがみられるものの下げたところでは買いがみられ、そろそろ底固めに入ったとみている。
ドル円も同様に111円50銭(BB下限で雲の上限)付近の底固めから再び113円台を試す展開が予想される。

今週のドル円予想レンジ:113円40銭(61.8%)~111円70銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ米ドル]ダブルボトムを付け反発

(ユーロ米ドル日足)


イタリアに対して欧州委員会は財政規律に違反すると正式に警告を与えた。
ユーロは10月9日に付けた安値1.1432に迫る1.1434まで下落した。
イタリア政府はこれに対し財政赤字目標を対GDP比2.4%から2.1%に変更することを検討するとしユーロは1.1535まで反発。辛うじて1.1432割れを回避したことで目先安心感が広がる。
しかし、これでイタリアリスクが後退したわけではなく短期的な戻しとみた方がよさそうだ。
今週はECB理事会が開かれるが現行の政策金利は維持されると予想され市場への影響は限定的とみる。
注目はその後のドラギ総裁の記者会見に集まる。イタリア財政赤字懸念や国債の下落などに対して出口戦略に慎重姿勢を示すようならユーロ売りが再開することになる。
また、貿易摩擦による欧州経済への影響などに言及すれば同様にユーロ売りが強まる。
反対に、改めて出口戦略に前向きな姿勢を示すようなら一旦は買いが強まったとしてもイタリアやドイツの政治混乱などを背景に上値は限定的とみる。
戻り売りスタンスで臨みたい。

今週のユーロドル予想レンジ:1.1580(38.2%、BB中心)~ 1.1380(BB下限)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[カナダドル円]BOC会合で利上げ予想

(カナダドル円日足)


先週末に発表されたカナダ8月CPIが-0.4%と予想の0.0%を大きく下回ったことからカナダドルは急落。カナダドル円は86円35銭から一気に85円68銭まで下落した。その後は買い戻しの動きも見られたが出遅れた売りが再び上値を抑え、この日の安値となる85円56銭まで下落した。引けにかけて買い戻しが入ったものの上値の重い展開となって週を終えた。
今週はBOC政策会合が開かれ政策金利を現行の1.5%から1.75%に引き上げると予想される。先週末の経済指標の数字が予想を下回ったことで利上げに変化が生じるとの見方が広がっている。それだけ織り込まれていないということでもし利上げに踏み切るようなら素直にカナダドル円は上昇に転じるとみている。
ただ、WTIが70ドルを割り込んできたこともありカナダドルの上値も限定的となりそうだ。

今週のカナダドル円予想レンジ:87円10銭(BB中心、38.2%)~85円00銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[全般]荒れ相場も収束へ

先週はイタリア予算案、ブレグジット協議、中国経済の行方を巡り株式市場を中心に荒っぽい相場展開が続いた。また、サウジの記者殺害疑惑も浮上し中東情勢が俄かに不穏な空気に包まれるなど地政学的リスクの拡大も市場の波乱要因となった。しかし、それも週末にかけて収まり始めており今週は落ち着きを取り戻した市場が反発に向かうか注目される。
先週末の東京市場で発表された中国7-9月期GDPが6.5%と予想の6.6%を下回ったにも拘らず上海総合指数は大きく反発。中国発の世界同時株安の懸念がこれにより払しょくされた格好だ。
イタリア予算案問題で売りが続いたユーロもこの日は反発に転じた。イタリア政府が2019年の財政赤字目標をGDP比2.4%から2.1%に修正するとの一部報道を受けリスクが後退した。また、ブレグジット協議で揺れていたポンドもメイ首相が「アイルランド問題で主要な要求の一つを取り下げる用意がある」との報道で反発。
前日大幅安となったNY株式市場もダウがプラスに転じ一先ず安心感が広がりドル円クロス円ともに上昇に転じるなど円独歩安の展開となった。
米中首脳会談が11月29日に暫定合意されたことや、中国経済の減速も先週のGDP発表後の動きを見るとほぼ織り込んでいることが分かった。為替報告書で中国が認定されなかったことも安心感を与えている。
ブレグジット問題はかなり混沌としてきているもののバルニエ首席交渉官やメイ首相の発言などから大分煮詰まってきている。
イタリア問題も悪材料として既に市場は消化し始めており今後イタリアの歩み寄りが明確になればユーロ買い戻しのきっかけにもなる。
中東情勢は米国中間選挙を控え波乱要因となるものの直ぐに市場に影響を与えるものではなく当面は様子見となる。
今週はそれぞれの問題をこなしながら徐々に荒れた相場も落ち着きを取り戻すなかでリスクオンの動きに転じる可能性もある。
リスクの後はチャンスあり。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。 取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金(取引において最低限必要である資金)は、想定元本(為替レート×取引数量)× 4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。 為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。

店頭バイナリーオプション取引「LION BO」は、判定時刻の為替レートが、当社の設定した最大7本の権利行使価格から、お客様が選択された権利行使価格よりも、上昇するか下降するかを予想するヨーロピアンタイプのラダーバイナリーオプション取引です。最大損失額は、オプションの取得対価の全額となります。取引単位は1ロット(1ロット当たりの価格は0~1,000円)、1回の取引あたりの最大取引単位は50ロットとなります。手数料は無料です。オプションの購入後において、取引をキャンセルすることはできません。購入したオプションを取引可能期間前に清算(売却)をすることはできます。但し、購入価格と清算価格にはスプレッドがあり、清算時に損失を被る可能性があります。「LION BO」は投資額に比べて大きな利益を得る可能性がある反面、投資元本の保証はなく、お客様にとって為替レートが不利な方向に変動することにより投資元本の全てを失う可能性のあるリスクが高い金融商品です。

当社の取扱う店頭CFD取引は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、原資産の価格の変動や為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や金融市場、為替相場の変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、流動性が低下している状況では、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。また、株価指数、ETF(上場投資信託)、ETN(指標連動証券)を原資産とするCFD取引は、金利調整額(買建玉を保有している場合は支払い、売建玉を保有している場合は受取り)が発生しますが、金利調整額は、金利水準が各国の経済事情や政治情勢等様々な要因を反映するため変動するので、売建玉を保有している場合でも、マイナス金利となる際は、当社への支払いとなります。加えて、配当金・分配金の各権利確定日の取引終了時点で建玉を保有していた場合、これらの権利調整額が建玉に発生します。一般に権利調整額は買建玉を保有している場合は受取り、売建玉を保有している場合は支払います。一方、原資産となる株価指数自体が配当金を考慮している指数の場合等は、使用するリクィディティプロバイダーによっては、権利調整額は売建玉を保有している場合は受取り、買建玉を保有している場合は支払います。この他、商品先物を原資産とするCFD取引は、当社が定める日の未決済ポジションに対して当社が定めた価格調整額が発生します。原資産にコーポレートアクションが発生した場合は、当社は決済期日を定めた上で新規取引を停止する場合があります。建玉を決済期日までに決済されなかったときには、当該建玉は当社の任意で反対売買により決済されます。 取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金(取引において最低限必要である資金)は、原則、想定元本(基準値×1.1×取引数量×1Lotあたりの取引単位×円転換レート)× 株価指数CFDの場合10%・債券CFDの場合2%・その他有価証券CFDの場合20%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので、それぞれ最大10倍・50倍・5倍となります。

当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引、店頭バイナリーオプション取引および店頭CFD取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する