ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2020-01

[米ドル円]まさかのウイルス感染による円高

(米ドル円日足)


東京市場では中国発新型コロナウイルスが日本も含めて感染者を出したことから香港や日本、そして上海総合指数などの市場で下落幅を拡大。ドル円は110円を割り込んだ。その後買い戻しが見られたがNY市場で再び下落。
ワシントン州でもコロナウイルスの感染例が報告されたことから株価が下落。リスク回避の円買いが進みドル円は109円76銭の安値を付けた。
このような感染の拡大で円が買われるといった例は過去殆どなく、今回の動きは非常に珍しい。材料難ということもあるが、それだけにリスクに対して敏感になっていたともいえる。
21日からはトランプ大統領の弾劾審議が始まる。ちょっとした悪材料に反応しやすい状況となっており、ドル円の一段の下押しリスクが高まる。
ただ、最終的にこの種の材料は長続きしないことから、押し目買いを狙いたい。

ドル円予想レンジ:110円10銭~109円30銭(BB中心、38.2%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ポンド米ドル]利上げ織り込み反発

(ポンド米ドル日足)


昨日のロンドン時間に発表された英国12月失業保険申請件数が1.49万人と予想の2.26万人を下回ったことでポンド買いに反応。失業率も3.5%と低いレベルを維持し平均賃金も3.2%上昇(予想は3.1%)したことがポンド買いに繋がった。これまで金融関係者のハト派発言が立て続けに出ていたことで来週のBOE政策会合では利下げ期待が高まっていただけにその反発が入った。
結果的に1.29ミドルのダブルボトムを形成した格好となり目先は上値を試す展開を予想する。
ただ、上値も切り下がっているなど三角保ち合いの動きがみられることから上値も限定的とみる。
上値目途は1月12日の高値であり50%戻しの1.3120付近となる。

ポンドドル予想レンジ:1.3120(50%)~1.3000

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ円]好調なZEWとコロナウイルス感染

(ユーロ円日足)


東京市場では新型コロナウイルス感染の広がりへの懸念から円買いが進みユーロ円は121円台に下落して始まった。
その後欧州時間に発表されたドイツ1月ZEWは26.7と予想の15.0を大きく上回った。また、同時に発表されたユーロ圏ZEWも25.6と前月の11.2を上回るなど好調な結果を示した。これを受けユーロ円は反発し122円37銭まで上昇した。
しかしワシントン州でもコロナ感染例が報告されると一転。リスク回避の円買いが進みユーロ円は欧州時間に付けた安値121円87銭を下回り121円75銭まで下落。安値引けとなった。このレベルはフィボナッチ38.2%戻しでありボリンジャーバンドの中心線が位置していることから一先ず下げ止まった。
依然として市場のリスク回避の動きは続いており下落リスクが燻る中で今日も一段の下押しリスクが高まる。
ただ、ウイルス感染といったこの種類の材料は長続きしないことが多く、最終的に下落前のレベルまで戻ることが多い。
目先は50%戻しの121円50銭付近がサポートされるとみるが勢いがあれば61.8%戻しの121円20銭も視野に入る。

ユーロ円予想レンジ:122円40銭~121円20銭(61.8%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[全般]コロナウイルスでリスクオフ

中国で発生した新型コロナウイルスが世界経済に影響を与えるとの見方からリスクオフの円買いが進んでいる。
中国武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎が人から人へと感染。中国だけではなく韓国やタイ、日本でも確認されたことから日経平均株価が下落。ドル円も110円台を割り込んだ。今後世界的に感染が広がる様なら世界経済への影響が懸念される。
欧州時間にはWHOが「中国の別地域でもコロナウイルスの感染が予測され、ここ数日他国でも多くの症例が発症することが予測される」と報道するなど、不安感が広がり始めた。
連休明けのNY市場でもこのコロナウイルス報道の影響を受け株式市場が下落してスタート。
米疾病対策センターCDCがこの日「中国発の新型コロナウイルスの感染例がワシントン州で報告された」と発表する予定と報じられるとNY株式市場が下落。感染が世界各地に広がれば世界経済にも影響を及ぼすとの懸念からリスク回避の円買いが進み一旦は110円台にもどしたドル円は109円77銭まで売り込まれた。
同時にクロス円も下落するなど円全面高の動きとなった。
しかし、過去にも2012年にMERS、2002年にはSARSなど同様な状況が見られたが為替や株価にここまで影響を及ぼしたことはない。
米中協議も一服し、中東情勢も落ち着いたことで材料不足の中でこのニュースに飛びついた観もあることから、このリスク回避の動きは一時的なものとみてよい。
ただ、このようなニュースに反応するようであれば21日から始まるウクライナ問題によるトランプ大統領弾劾裁判の審議の際、普段では反応しない市場でも一時的にリスク回避の円買いに反応する可能性もあり注意が必要だ。
人から人への感染のように、各マーケットへ感染しやすい状況が今日も続きそうだ。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する