ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2020-06

[米ドル円]値動き乏しく様子見

(米ドル円日足)


週明け東京市場でドル円は上値の重い展開で始まった。NYダウ先物が300ドル余り下落したことも重石になった。しかし、その後ダウは200ドル余り上昇に転じるとドル円も107円近くまで上昇。
欧州市場ではクロス円が堅調な地合いで推移する中でドル安と円安が同時に進行しドル円は107円01銭まで上昇。しかし、NY市場ではリスクオンの動きが強まる中でドル安が優勢となり106円80銭まで下落するなど狭いレンジ内での動きで終始。
先週後半からドル円は50銭以内でのもみ合いが続いており、主要通貨ペアの中でも最もパフォーマンスが悪い。結局誰も手出しをしなくなっている。
しかし、それだけエネルギーが溜まっている可能性が高いことから、どちらかに放れるようなら予想外の値幅になりかねない。
どちらかに動きがあるとすればリスクが一気に高まる時で、それはドル円の下値リスクとなる。しかし、今の段階ではポジションを持てばストレスが溜まるだけであり、様子見としたい。

ドル円予想レンジ: 107円20銭(61.8%)~106円70銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ円]復興基金やドイツ憲法裁判所との和解期待

(ユーロ円10分足)


ユーロ円は先週末の下落の勢いもあり119円30銭付近の安値で始まったがその後はリスクオンの動きが強まると上昇に転じた。
ドイツの憲法裁判所判事の交代が予定されていることからECBとの軋轢が緩和されるとの期待が高まった。また、オランダのルッテ首相とフランスのマクロン大統領が今日にも復興基金について会談を行うとの報道を好感。
更に、この日発表されたユーロ圏6月消費者信頼感指数が予想を上回った事もユーロの上昇を後押しした。
先週からの下落に対する反動もありユーロ円はこの日一日で1円余り上昇し、高値圏で引けている。
この上昇の勢いは未だ続くとみられ、今日も一段の上値を試す展開が予想される。
しかし、コロナ感染第2波への懸念は継続しており、買い戻しが一巡すれば再び下値を探る展開を予想する。

ユーロ円予想レンジ:121円00銭(61.8%)~119円80銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ポンド米ドル]ベイリーBOE総裁発言に注目

(ポンド米ドル日足)


ジョンソン英首相は「明日にも対人距離を1メートル保つ新たなソーシャルディスタンスを発表するとしたことで経済活動再開への期待からポンドは上昇。
また、スナク英財務相はVATの引き下げを検討していると発言したこともポンド買いを促した。
ポンドは対ドル対円、そして対ユーロでも買いが強まり1.23前半から1.2476まで上昇。そのまま高値圏での引けとなった。
本日のロンドン時間にはベイリーBOE総裁の発言に注目が集まる。
既に総裁は利上げ前にバランスシートの縮小をすることが望ましいと述べており、緊急金融刺激の出口戦略を大幅に転換する姿勢を示すと予想される。
既に、市場はこの発言内容を織り込み済みということもあり、ポンド売りで反応する可能性もあり注目。

ポンドドル予想レンジ:1.2520(BB中心)~1.2350

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[全般]リスクオンでスタート

新型ウイルス感染拡大への脅威が後退するなかでリスク回避の動きが後退し、円安とドル安が進んだことでクロス円が全面高となった。

週明け東京市場では米国のコロナ感染拡大への警戒感からNYダウ先物が最初は大きくマイナスで始まりリスクオフのドル買いが強まる場面も見られた。しかし、その後プラスに転じたことや日経株式市場が下げ幅を縮小する中でリスクオフからリスクオンに変わるとドル売りが強まりユーロやポンドが上昇。
また、英国の経済再活動への期待が高まるなかでポンドの上昇が目立った。
欧州市場ではユーロの復興基金に対する期待が高まる中でユーロ買いが先行。また、ドイツ憲法裁判所の判事交代が予定されていることからECBの国債購入に関する警戒感が低下したこともユーロ買いを促した。
NYダウは最初マイナスでスタート。米5月中古住宅販売件数が-9.7%と予想の-2.3%を下回ったこともあり円が買われる場面も見られた。
しかし、株価が反発すると一転。NY市で経済活動再開が第2段階に移行するなどリスクオンが進む中でドル売りが強まった。
結局ドル円はリスクオフでもオンでも同様にドルと円の綱引き状態が続く中で動きの鈍い展開が続いた。
週明けから市場のセンチメントは楽観的なムードで始まったことでユーロやポンドを中心としたクロス円の買いが先行している。
しかし、株式市場が過度に上昇しているとの意識が強く、常に下落への恐怖感も燻る。
クロス円の上昇も一時的な調整の動きとみられ、買い戻し一巡後は再び下押し圧力が高まるとみている。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する