ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2020-08

[米ドル円]日米金利差縮小のドル円売り

(米ドル円2時間足)


ドル円は先週末からの二日間で1円近い下落となった。
先週は米長期金利が上昇したことで107円05銭まで上昇したものの金利が低下に転じると一転してドル売りが強まった。
一方、クロス円も全般に高値から下落に転じるなど円高の動きも強まり始めている。
米国がファーウェイに対する事実上の禁輸措置を強化する一方で中国は米国からの輸入を継続するなど貿易関係は順調に進んでいる。
NY市場は昨日もナスダックは史上最高値を更新するなどリスクオンの動きが続いていることから円安は継続。
今回のドル円の下げは調整の動きとみれば、そろそろ底値を確認したところで再度上昇に転じるとみている。

ドル円予想レンジ:106円40銭~105円60銭(50%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ米ドル]1.19ドルの上値の重さ

(ユーロ米ドル4時間足)


週明け東京市場でユーロドルは対ドル対円で堅調な地合いで始まった。
先週末からの米金利低下に伴うドル売りもあるが、それだけではなくユーロの1.17ドル付近の底堅さが確認されたことが買いに繋がったとみられる。
しかし、東京では1.1868で上値が抑えられたことで欧州市場で1.1830付近まで押し戻された。
その後NY市場にかけて買いが再び強まると、東京の高値を超え1.1880まで上昇。
しかし、この時もユーロ買いが続かずにもみ合いが始まり高値圏で引けている。
依然としてユーロ買いの強さは継続されているものの、短期的にはユーロロングポジションが積み上がっており、1.19ドル付近では調整の売りが並んでいると思われる。
いずれ上抜けする時が来るとみるものの、当面は1.17から1.19のレンジ相場が続くとみて1.19ドル付近では売りを出しておきたい。

ユーロドル予想レンジ:1.1910~1.1780(61.8%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[豪ドル円]三角保ち合い収束

(豪ドル円日足)


豪ドル円は2か月余り三角保ち合いが続いており、そろそろ保ち合い収束からどちらかに放れるか可能性が高まる。
今日の東京時間に公開されるRBA議事要旨ではこれまでの緩和政策継続姿勢が改めて示されるとみられ反応は限られそうだ。
ただ、ここにきて新型コロナウイルス感染者が再拡大し始めていることから経済への影響が懸念され、更なる緩和政策への期待が高まり始めている。
このアセンディングトライアングルは上に放れるのがパターンではあるが、それ程のエネルギーが感じられない。上に放れたとしても今年最高値とほぼ同レベルの77円付近とみている。

豪ドル円予想レンジ:77円00銭~75円20銭(BB下限)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[全般]米金利低下でドル円の下落幅拡大

ユーロドルの上昇が一服する中でドル円に売りが集中。日本のGDPが大きく落ち込んだことや米国がファーウェイに対する禁輸措置を強化したことで日米金利が縮小しドル円は高値から1円近く下落した。
週明け東京市場でドル円は106円ミドル付近でもみ合いが続いた。この日発表された今年の日本のGDPがマイナス27.8%と戦後最大の下げとなったことで日経平均株価が下落。
一方、ユーロは対ドル対円で買いが先行。ドル売りと同時に円売りが強まったことでドル円は綱引き状態となった。
欧州市場では東京勢のユーロロングをあぶりだすようにユーロ売りでスタート。ユーロ円の売りが強まる中でドル円も上値が抑えられた。
その後米長期金利先物が低下したことでドル売りが強まりユーロは上昇しドル円は下落するなどクロス円との連動性は見られなかった。
NY時間に発表されたNY連銀製造業景況指数が3.7と予想の15.0を大きく下回ったことからNYダウはマイナスでスタートするとドル売りが先行。
再びユーロの買いが強まり東京の高値1.1867を上回ると損切を巻き込みながら1.1880まで上昇。しかし、1.19ドル台に届かなかったことから再び下落に転じた。
米国がファーウェイに対する事実上の金融措置を強化すると発表したことも嫌気しリスクオフの円買いが強まった。
ドル円はほとんど戻しが見られない中で106円を割り込み105円95銭まで下落。
クロス円も全般に上値の重い展開で推移するなど円全面高の展開となった。
これまではユーロ買いが主導でドル売りが強まったものの、今回の動きをみるとクロス円などの下落がドル円を押し下げている。
主役がユーロドルからドル円に移ったとみられるが、これは短期的な動きとみている。
最終的にユーロが動き出せばドル円もユーロに引きずられることになるだろう。
しかし、この夏休み相場の中でユーロ買いに一服感が漂う中で、目先ドル円が相場をけん引することになりそうだ。
米長期金利が上昇から下落に転じたことでドル売り戻しが強まるものの、この動き長続きしそうにない。
新たな材料が出ない限りドル円もそろそろ底値を付けて反発する頃とみている。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する