ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2020-08

[米ドル円]アベノミクスの巻き戻しとドル金利低下

(米ドル円月足)


(米ドル円日足)


先週末の東京時間に安倍首相辞任報道が流れドル円は一気に下落に転じた。
それまでは前日のジャクソンホールでパウエルFRB議長がゼロ金利政策の長期化を示したことでドル安が進んだ反動からドル円は堅調な地合いで推移し107円台に乗せるかと思われた。しかし、辞任報道で梯子を外された格好となりドル円106円付近まで急落。一旦は下げ止まったものの106円を割り込むと105円20銭まで下落した。
安倍首相辞任報道前からユーロやポンドは対ドルで上昇が続くなどドル安の流れが強まる中での円買いの動きとなったことでドル円の下げが加速した。
アベノミクスによるドル円上昇の巻き戻しが入るとの思惑が今後広がる可能性もあり、そうなれば予想以上の下落に繋がりかねない。
目先は一先ず先週末の下落に対する反動が入る可能性もあるが、今週は米8月ISM製造業景況指数や米雇用統計を控えており、更なるドル売りのきっかけになるかもしれない。

本日のドル円予想レンジ:105円80銭~ 104円20銭(7月安値)
今週のドル円予想レンジ:106円30銭(61.8%)~100円70銭(50%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ米ドル]1.2ドルを意識

(ユーロ米ドル週足)


先週ユーロは米金利低下に併せて対ドルで1.19ドル台に再度乗せて引けている。
FRBが今後ゼロ金利政策をこれまで以上に長期に渡り継続する姿勢が示されたことで米金利が低下。ドル安の動きが強まりユーロは再び上昇に転じた。
元々7500億ユーロの復興基金設立を好感したことや、米欧金融政策の温度差などがユーロを押し上げた。しかし、ユーロ買いのポジションが積み上がる中で上値が徐々に重くなっており、1.2ドルを上抜くには時間が掛かりそうだ。
ただ、ドル円が下落に転じたことやFRBの長期緩和継続期待からドル売りの動きが強まっており1.2ドルを再度試す展開を予想する。
今週は米雇用統計や米8月ISM製造業景況指数などの重要指標に加えユーロ圏8月HICPや7月小売売上高などの指標が発表される。
新型コロナ感染拡大による景気減速懸念が広がる様なら一時的に下振れリスクが高まる可能性もあり注意したい。

今週のユーロドル予想レンジ: 1.2100(76.4%)~1.1710

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[豪ドル米ドル]RBA政策会合や豪経済指標に注目

(豪ドル米ドル週足)


今週はRBA政策会合に加え豪州4-6月期GDPや7月小売売上高などの発表も控え豪ドルは上下に振らされる可能性が高い。
先週のジャクソンホールでのパウエルFRB議長の講演でゼロ金利政策をこれまで以上に長期継続すると確約したことでドル売りが強まり豪ドルは上昇幅を拡大。
先週末の東京市場でドル売りが強まる中で当面強いレジスタンスとみられていた0.7275を上抜いてきた。ドル円が急落したものの特に豪ドル円の売りが見られず豪ドルは上昇を継続。
NY市場にかけてドル円が下落幅を拡大するとドル全般に売りが強まった。また、米長期金利が低下したことなどから豪ドルは0.7360付近まで大きく上昇して引けている。
ドル売りの流れが再び強まる中で今週はRBA政策会合が開かれる。
前回に引き続き政策金利据え置きが予想されるが、新型コロナ感染の拡大や寒波襲来による経済への影響が懸念されるなかで、今後追加緩和の可能性が示されるようなら豪ドル売りで反応。
しかし、今の豪ドル買いの勢いは強いだけに下振れがあれば押し目買いのチャンスとみる。

今週の豪ドルドル予想レンジ:0.7500(76.4%、BB上限)~0.7270

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[全般]アベノミクスの終焉と米緩和政策

先週末の東京時間に安倍首相が辞任を表明したことで円が全面高。その前日にはジャクソンホールでのパウエルFRB議長の発言でゼロ金利政策の長期化が改めて確認されドルが下落。その後ドルが反発する場面も見られたが、ドル安円高の流れが今週も継続する可能性が高いとみる。

先週末の日本時間14時過ぎに安倍首相が辞意を固めたとの報道でドル円が急落。
それまではクロス円を中心に上昇が続きドル円も106円95銭まで上昇するなど円全面安となっていた。しかし、安倍首相の辞意表明の報道を機に円が全面高となりドル円は106円前半まで下落。クロス円も上昇から下落に転じた事で円高と同時にドル売りが強まった。
欧州市場に入っても円高の流れは止まらず、ドル円は105円20銭まで下落した。
NY市場が始まったところで発表された米PCEデフレーターが予想を上回った事でドル買い戻しの動きが強まりドル円も105円73銭まで反発。
しかし、戻ったところでは再び売りが強まり105円前半に押し戻されるなどドル安と円高でNY市場は終了している。
安倍首相が辞任をしたことで2012年11月のアベノミクスでドル円が上昇した巻き戻しが入るとの見方は今週も継続するとみている。
実質的には既にアベノミクスの流れは終了しており、ドルへの影響は限定的とみられる。しかし、現実にアベノミクスで当時80円付近にあったドル円は15年6月には125円後半まで上昇。その後は100円付近まで戻され今の105円付近で収まっている。
アベノミクスという大きなテーマが終了したということで海外勢などはドル円の売りを仕掛けてくる絶好の材料にする可能性が高い。
また、前日にはジャクソンホールでパウエルFRB議長がゼロ金利政策の長期化を改めて示したことでドル売りにも反応しやすい状況だけにドル円は下方向に振れやすい。
クロス円が主導して円買いが強まるのか、或いはドル売り主導でドル円が下落するのか注目したい。
一方で、トランプ大統領は新型コロナに対するワクチンを年末もしくはもっと早く生産すると発言。また、新型コロナに対する追加景気対策法案の進展がみられるようなら一時的にドル買い戻しの動きが強まるとみている。
9月に入り市場参加者が増えるようなら一方向には動きにくくなることから利食い損切はこまめに入れて行きたい。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する