ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2020-12

[米ドル円]レンジの上限を試す

(米ドル円4時間足)



今日は欧州時間にECB理事会が開かれ、そしてEU首脳会議が始まる。また、ブレグジット交渉が首脳会議を前に何らかの結論が示される可能性が高いことからリスクオフのドル買いの動きが更に強まるとみている。
昨日のNY株式市場もナスダックが大きく下落するなど楽観的なセンチメントに不安も燻る。
ただ、市場の大量に出回っている余剰資金を背景とするリスクオンの流れに変化はなく、最終的にドル売りは継続。
上値目途としては半値戻しであり、直近のレンジ相場の上限となる104円70銭付近では売りを出しておきたい。

ドル円予想レンジ:104円70銭(50%)~103円70銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ポンド米ドル]ブレグジット交渉期限で乱高下

(ポンド米ドル週足)



本日のEU首脳会議を前にブレグジット交渉は何らかの結論が出る可能性が高まる。
昨日は多くの要人発言が相次ぐ中でポンドは思惑的な動きを中心に上昇と下落を繰り返した。
一時、懸案である漁業権で合意に至るとの見方がポンドを押し上げたが、その後悲観的な発言が相次ぎ、結局往って来い。
ポンドは先週末に今年最高値を更新するなど、最終的に何らかの落とし場所が示されるとの見方が主流となっている。
もし、合意に至らないようなら下落幅は予想以上になるとみている。
ただ、合意無き離脱となれば、それを補う何らかの措置が今後話し合われるとの見方もあり下値も限定的とみる。
下値目途としては38.2%戻しの1.32ドル付近。もし勢いがつけばボリンジャーバンドの中心線が位置する1.3ドル付近が意識される。

ポンドドル予想レンジ:1.3600(BB上限)~ 1.3200(38.2%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ米ドル]ECB理事会とEU首脳会議に注目

(ユーロ米ドル日足)



東京市場でユーロドルはリスクオンによるドル売りを背景に1.2148まで上昇。
しかし、欧州市場に入ると一転。本日開かれるECB理事会を控えポジション調整のユーロ売りが先行。対ドル対ポンドで売りが散見され1.21ドル付近まで下落した。
1.21ドルは目先のレジスタンスとして意識されたことで一旦は跳ね返されたもののNY市場で再び下落が強まり1.2059まで下落幅を拡大し引けている。
本日はECB理事会が開かれるが、追加緩和として資産購入額の拡大や買い入れ期間の延長が予想される。これは既にラガルド総裁が表明しており市場は織り込み済み。
更に、何らかの緩和政策が示されない限り大きな影響はないとみる。ただ、ユーロ高が進む中でけん制発言が出るようなら下落リスクが一気に高まりかねない。
また、本日から始まるEU首脳会議にも注目が集まる。
英国のブレグジット交渉や7500億ユーロの復興基金の行方に注目が集まる。特に復興基金期待で上昇が続いたユーロだけに合意が難航するようならユーロ売りが更に強まりかねない。
相対的にみてユーロ下落リスクが高まりやすい状況といえそうだ。

ユーロドル予想レンジ:1.2150~1.1960(38.2%、BB中心)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[全般]ECB理事会とブレグジット

英国とEUとの交渉が依然として混沌とした状況下でポンドが乱高下。ユーロも本日開かれる理事会を控えポジション調整の動きが強まるなど方向感は依然として乏しい中で思惑的な相場展開が継続。

英国とEUとのFTA交渉が山場を迎える中で多くの要人発言が相次ぎポンドは不安定な動きが目立った。ジョンソン首相とフォンデアライエン欧州委員長との交渉は合意に向けて前進するとの楽観的な見方が広がる中で欧州市場に入りポンドは一気に買いが進んだ。ゴーブ英内閣府担当相が「英国とEUは懸案の漁業権に関して妥協する可能性がある」と発言したことがきっかけとなった。
ポンドは対ドル対円、そしてユーロに対しても買いが強まるなどポンド主導の相場展開で始まった。
一方、ユーロは本日開かれるECB理事会を控えポジション調整の動きから売りが強まるとドル買いの動きが全般に強まりドル円も上昇。
NY市場では最初は上昇して始まったものの追加の経済対策案協議が難航していることやコロナ感染拡大への懸念が広がり三指数ともに下落。リスクオフのドル買いが強まりドル円は104円40銭まで上昇。
1.34後半まで上昇していたポンドも英国とEUとの交渉難航が報じられると下落に転じるなど上昇前のレベルまで下落する往って来い。毎日のように上下に振らされる不安定な動きが続いている。
今日から始まるECB理事会とともにEU首脳会議が始まることから、ブレグジット協議が本日中にも結論が出る可能性が高くポンドは依然激しい動きが予想される。
また、EU首脳会議で7500億ユーロ規模の復興基金案が合意に至らない場合にはユーロの下げが加速するリスクも燻る。
予想が立たない状況下で今日の欧州市場でのユーロとポンドの動きには要注意。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する