ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2020-12

[米ドル円]薄商いの中で予想外の動きも

(米ドル円日足)


先週ドル円はリスクオンのドル売りが進むと103円を割り込み102円88銭まで下落した。
円自体の動きは殆ど見られずドル中心の動きが続いた。
今週は海外勢の多くがクリスマス休暇に入ることから市場の流動性は極端に低下。
全く動きがなくなるか、或いは一方向に大きく動くかのどちらかとなりそうだ。
方向性としてはリスクオンが続いた反動から、悪材料に反応しやすいとみている。
英国とEUとの交渉で年内に決着がつかないとの見方や、米追加経済対策が来年に持ち越されるようならリスクオフの円買いに反応。
一方でドルの買いにもつながることから時差を置いて上下に振らされる可能性が高い。
ドル円の下落トレンドは継続しており下振れリスクが優勢とみる。

本日のドル円予想レンジ:103円50銭(38.2%)~102円90銭
今週のドル円予想レンジ:104円00銭(BB上限)~101円90銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ米ドル]ユーロ調整売り圧力

(ユーロ米ドル日足)


先週ユーロは今年最高値を更新するなどユーロ買いの流れが継続。
ECBの追加緩和実施や、ラガルドECB総裁のユーロ高けん制発言に対してもユーロは売られず寧ろ買いが進んだ。
ドル売りの流れが強まったということもあるが、復興基金の運用が1月から始まることへの期待がユーロを押し上げているといえる。
一方、新型コロナ感染が拡大していることや英国とのFTA交渉が難航する中で下振れへの警戒感も燻る。
今週は欧州全域でクリスマス休暇に入ることから、ユーロロングポジションの調整が入りやすいとみている。短期的に売りから入りたい。

今週のユーロドル予想レンジ: 1.2310(BB上限)~1.2140(61.8%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ポンド円]FTA交渉合意か決裂か

(ポンド円日足)


EUとのFTA交渉は何度も期限が延長され、クリスマスを超える可能性が高まっている。
もしクリスマス前に合意に至るようならポンド買いに反応するとみるが、漁業権の問題などは先送りされる可能性が高い。
問題が残ることになればポンドの上値も限定的となりそうだ。
交渉が決着したとしてもFTAの発効は来年に持ち越され、関税引き上げなど経済への影響が出ることになる。
いずれにしても今週はクリスマス休暇に入ることからポンドは上下に振らされ荒っぽい動きが予想される。
11月に入り140円台を何度も試しに行ったが上値は重く、押し戻されている。
もし、合意に達するようならこのレベルを上抜き9月1日に付けた高値142円70銭付近までの上昇も視野に入る。
反対に、合意が決裂、或いは先送りされるようなら先週月曜日の早朝に空けた窓を埋めに行く可能性が高い。

今週のポンド円予想レンジ:142円70銭(9月1日高値)~138円20銭(61.8%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[全般]クリスマス休暇控え動意薄

先週は英国とEUとのFTA協議への期待と失望を繰り返すなどポンドは荒っぽい動きが続いたが高値を更新。ユーロも攣られて買いが強まるなどポンド中心の動きのなかドルが全面安。ドル円も103円を割り込み102円台に下落した。
FOMC会合では債券購入期間を、雇用やインフレに一段の顕著な進展があるまで継続することを明確化。パウエルFRB議長も追加緩和の可能性を示唆するなどハト派的な内容となったこともドル売りを促した。また、米国の追加経済対策が早期に打ち出されるとの期待から株式市場を押し上げリスクオンのドル安に繋がった。
一方で、欧米、そして日本でも新型コロナ感染拡大の波が拡大するなど不安材料はあるものの、早期のワクチン接種が実施されるとの期待が不安を抑える結果となった。
前週にはECB理事会で追加の緩和政策が打ち出され、FRBも緩和政策強化を示すなど、市場への資金供給は拡大。余剰資金が株や原油といったリスクの高い所へ流れる構造は今後も変わらず継続。
リスクオンのドル安が継続するなかで今週はクリスマスを控え海外では休みに入るところが多く、閑散相場に入る可能性が高い。
流動性が低下する中で米追加経済対策や英国とEUとのFTA交渉が相場の注目を集めそうだ。
FTA交渉がクリスマス前に決着がつかず、一時的にポンドが売られるようならドル全般に買い戻しが強まることになる。同時にユーロも攣られ安になるとクロス円全般に売りが強まり円高も進行。ドル円は102円台に再び押し下げられることになるだろう。
FRBは今後雇用とインフレを重要視することが示されたことで米新規雇用者数にも注目。
薄商いの中で短期の投機筋の仕掛け的な動きが入ると予想外に上下に振らされる可能性もあり注意したい。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する