ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2021-03

[米ドル円]クロス円の買いが下支え

(米ドル円日足)


早朝にドル円は108円36銭まで下落したが前日の安値には届かずに反発。その後は日経平均株価やダウ先物が上昇したことでリスクオンの円安が進み108円81銭まで上昇。しかし欧州市場で米長期金利が低下したことを受けドル売りが先行。ドル円は再び108円38銭まで押し戻される往って来い。
NY時間に発表された新規失業保険申請件数が好調な結果を示したことでドル買いが強まりドル円は108円71銭まで反発。しかし、その後はNYダウが史上最高値を更新するなどリスクオンのドル安が進みドル円も108円36銭まで下落。ほぼ安値圏での引けとなっている。
米国追加経済対策法案が可決しECBも資産購入を加速させることから市場にはリスクマネーが更に拡大。株式市場や原油、コモディティーなどに資金が流れることから円安ドル安が綱引きとなる。
昨日は日銀筋が長期金利の引き上げ余地を声明で強調する可能性があると発言もあったが影響は限られた。
既に日米金利差拡大によるドル円の買いは織り込まれているとみられる。
108円台での攻防がしばらく続くとみる。

ドル円予想レンジ:108円90銭~108円00銭(50%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身で判断して取引を行ってください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ米ドル]欧米金利差からユーロ買い

(ユーロ米ドル日足)


欧州市場で米長期金利が低下したことを受けドル安が先行。ユーロは1.19前半から1.1970付近まで上昇。その後ECB理事会が開かれ予想通り政策金利0.0%据え置きを決定。
声明では「パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)の購入ペースを次の四半期で大きく加速する」と表明。独など欧州全般に長期金利が低下しユーロ売りが先行。その後ラガルド総裁がECBは『リスクは均衡している』との見解が示されたことでユーロ買いに転じた。
NY時間に行われた30年債入札はこれまでの3年、10年債と同様好調な結果となったことで長期金利が低下すると再びユーロは上昇。結果、欧米長期金利拡大によりユーロドルは1.1990まで上昇。高値圏での引けとなっている。
ただ、ドルの長期金利も1.5%台の高止まりとなっており金利差からの買いもそろそろ限界に近い。1.2ドルを上抜くようなら損切りも巻き込み50%戻しの1.20ミドル付近までの上昇も視野に入る。このレベル付近では売りを出しておきたい。

ユーロドル予想レンジ: 1.2050(50%、BB中心)~1.1930

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身で判断して取引を行ってください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[豪ドル円]資源国通貨買い

(豪ドル円日足)


銅や原油、そしてコモディティー相場の上昇を背景に資源国通貨である豪ドルに買いが集まっている。
東京市場でリスクオンの円安が進む中で銅価格も上昇。資源国通貨の豪ドル買いと円安が重なり豪ドル円は83円後半から84円53銭まで上昇。
欧州からNY市場にかけて利食い売りなども散見され84円付近まで押し戻されたもののNYダウが史上最高値を更新するなどリスクオンの円安が進行。また、原油や銅価格も堅調に推移する中で豪ドル円はアジア市場で付けた高値とほぼ同レベルまで上昇。高値圏での引けとなった。
米国が1.9兆ドル規模の追加経済対策を可決。ECBも資産購入を加速させると発表するなど市場に余剰マネーが拡大。コロナ危機の後退により製造業などが回復する中で資源国通貨は底堅い動きが今後も継続するとみてよいだろう。
目先は今年最高値でありボリンジャーバンドの上限が位置する84円90銭付近が意識される。

豪ドル円予想レンジ:84円90銭(BB上限)~84円00銭(23.6%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身で判断して取引を行ってください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[全般]リスクオンの円安ドル安

1.9兆ドルの追加経済対策法案への期待やECBの資産購入が加速されることで市場への余剰マネーが増加。株や原油、そしてコモディティの上昇などリスクオンの動きが加速しドル安円安の流れが強まった。
昨日の東京市場でドル円は一時108円36銭まで下落して始まったものの、前日の安値108円34銭を割り込めなかったことで買い戻しが入った。また、ダウ先物が上昇したことからリスクオンの円安が強まり108円81銭まで買いが進んだ。
しかし、欧州市場では時間外の米長期金利が低下したことでドル売りが先行。特にオセアニア通貨への買いが強まったことでドル売りが強まるとドル円も108円38銭まで押し戻された。
その後ECB理事会が開かれ予想通り政策金利0.00%据え置きを決定。声明では「パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)の購入ペースを次の四半期で大きく加速する」と表明。独や欧州全般に長期金利が低下しユーロ売りが先行。しかしその後ラガルド総裁がECBは「リスクは均衡している」との見解が示されたことでユーロ買いに転じた。同時にラガルド総裁が「為替を注視している」とも発言。ユーロは上下に不安定な動きの中で1.19前半まで下落した。
一方NY時間に発表された米新規失業保険申請件数が4か月ぶりの低水準に低下したことでNY株式市場は3指数ともに大きく上昇。ダウは史上最高値を更新するなどリスクオンの動きが強まると原油価格やコモディティ価格などのリスク商品が上昇。リスクオンの円安と同時にドル安も強まった。
この日は30年債の入札も行われ、前月と同レベルの倍率となるなど好調な結果から米長期金利も1.5%台で落ち着きを取り戻している。
金利上昇による株価の影響は限られる中で各国中銀が資産購入を加速させるなどリスクマネーの増加が止まらない。
市場全体が安定するようなら株価上昇が継続されリスクオンの円安ドル安は継続。
短期的にみると週末ということからこれまで買われ過ぎたドル高の調整が入り一時的にドル安の勢いが強まる可能性がある。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身で判断して取引を行ってください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する