ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2021-04

[全般]欧米PMI発表による相場への波及を要確認

コロナウイルスの変異種はインドを中心に新興国で感染拡大傾向が続き、日本も3度目の緊急事態宣言発令が不可避の事態となっています。昨日の東京市場もリスク回避の円買いが続き、ドルは107円82銭まで売られました。海外市場に入り、バイデン大統領が富裕層に対するキャピタルゲイン課税を2倍に引き上げる方針を公表すると、増税を嫌気した株売りが進み、今度はリスク回避のドル買いに108円23銭まで小反発し108円割れで引けました。
注目された欧州中銀の金融政策は従前の予想通り全て据え置き、更にラガルドECB総裁がパンデミック緊急購入プラグラムの段階的購入縮小の議論はなされていないと発言したことでユーロは1.20割れまで売られました。また、昨日発表された米経済指標は好悪相半ばとなり、10年債金利は1.55%を中心に小動きとなりました。

日経平均株価は前日比250円安程度で寄り付きました。前日680円高の反動から始まっています。今日は週末でポジション傾ける動きが少ない中、来週以降3万円台回復を狙える水準まで引き戻せるか。あるいはウイルス拡大を嫌気した売りに押されるか注目されます。増税を嫌気しNYダウ先物が軟調になっているので、日本株も後者の可能性が高くなっています。

今日も世界的にリスク回避の動きが先行しそうです。年初からここまで日米の景況感格差が明確となる中、ドル買い場探しの状況は変わりませんが、現在はドル買いの勢いが削がれている状況下で107円50銭~60銭にあるサポートを先に試す流れが続いています。また、昨日はクロス円が全般的に円高基調となっており、ここまで円安トレンドからの調整域なのか、もう一段下押しになるかを注視したいと思います。
上値は108円50銭の抵抗線がまだ効いており、また週初の寄り値が108円73銭ですので、この抵抗線付近まで戻して終われる様だと、来週以降はドル買いに安心感がでてきそうです。

今日は欧米の4月PMI指数速報値が発表されます。全般的に欧州が前月比小幅減少、米国が小幅改善予想になっています。もし結果通りになればドル優勢で、ユーロ売り・円売りの材料になると思われますが、今日も予想通りの結果、あるいは米国数値が予想以上でも、米国10年債金利に与える影響を見てから、1呼吸おいて為替相場への波及を見た方が良いかもしれません。

(株)ワカバヤシエフエックスアソシエイツ

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身で判断して取引を行ってください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円]上値の重い展開続く。

(米ドル円日足)


ドル/円は小陰線で終えています。単体では下げエネルギーの強いものではなく、日足の下値抵抗を守っていますが、上値も切り下げており、また、108.20-30の軽い上値抵抗にもぶつかっており、反発力にも欠ける展開となりそうです。また107.50割れで終えた場合は日足の抵抗を下抜けて新たな下落リスクが点灯、107円割れで終えた場合は週足の形状も悪化して105~106円台の抵抗をトライする可能性が高くなります。逆に可能性がやや低い状態ですが、109円台を回復して終えた場合は上値余地が若干拡がり易くなります。この場合でも短期トレンドは110円台を回復して引けない限り変化しません。

上値抵抗:108.10-20,108.40-50,108.70-80 下値抵抗:107.80-90,107.50-60,107.00-10
ドル円予想レンジ:107.50~108.40

(株)ワカバヤシエフエックスアソシエイツ

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身で判断して取引を行ってください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ円]上値トライに失敗。短期トレンドはユーロ強気を維持。

(ユーロ円日足)


ユーロ/円は実体の小さい陰線引けとなりました。上ヒゲがやや長く130.50超えトライに失敗した形となり、単体では下値リスクがやや高いものですが、短期トレンドの変化が認められないので売りも慎重に。日足の下値抵抗が129.30-40にありますが、129円割れで終えた場合は下値リスクがやや高くなります。さらに128.50割れで終えた場合は週足の抵抗も下抜けて、短期トレンドが変化して一段の下落に繋がり易くなります。逆に可能性がやや低い状態ですが、131.00-10の抵抗をクリアした場合は強気の流れに戻して132円方向への一段の上昇に繋がり易くなります。

上値抵抗130.00-10,130.30-40,130.60-70 下値抵抗:129.30-40,128.50-60,128.00-10
ユーロ円予想レンジ:129.30~130.20

(株)ワカバヤシエフエックスアソシエイツ

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身で判断して取引を行ってください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[NZドル円]上値抵抗を抜けられない状態続く。77円割れで終えた場合は下値リスクが点灯。

(NZドル円日足)


NZ/円は陰線引けとなり、前日の上げ幅を失っています。78円台乗せに失敗しており、下値リスクがやや高い状態です。現状は日足の下値抵抗を守っており、これを守り切れば反発に転ずる可能性を残しますが、77.00-10を割り込んで終えた場合は下値リスクが点灯します。さらに76円割れで終えた場合は週足の抵抗も下抜けて“NZ弱気”に変化します。

上値抵抗:77.60-70,78.00-10,78.30-40 下値抵抗:77.00-10,76.60-70,76.10-20
NZドル円予想レンジ:76.90~77.60

(株)ワカバヤシエフエックスアソシエイツ

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身で判断して取引を行ってください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する