ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2021-09

[米ドル円]リスクオンでドル円ショートカバー

(米ドル円日足)



未明に行われたFOMC会合では早期テーパリングと22年度の利上げ観測が高まったことでドル円は底堅い動きが先行。欧州市場ではFOMC会合が無難に通過したことで株式市場が堅調な地合いで始まるとリスクオンの円安が進みドル円は110円台に浮上。その後中国当局が中国恒大集団の破綻に備えるように指示したことが伝わると109円76銭まで押し戻されたが直ぐに反発。NY株式市場も三指数ともに大幅高で始まり米長期金利も1.43%に上昇するとドル円はこの日の高値となる110円35銭を付けそのまま引けている。
一先ずイベントリスクが後退したことで市場はリスクオンに傾いているが中国問題、コロナ感染拡大による雇用への不安など根本的な問題は燻る。
短期的なドル円のショートカバーが入ったことから目先の底値は切り上がった。
110円ミドルにはボリンジャーバンドの上限が位置しフィボナッチ61.8%戻しでもあり強いレジスタンスであり上昇もそろそろ終盤に入った。

ドル円予想レンジ:110円50銭(61.8%、BB上限)~109円80銭(BB中心)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身で判断して取引を行ってください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[トルコリラ円]TCMB予想外の利下げ

(トルコリラ円日足)



昨日の欧州時間に開かれたトルコ中銀TCMB政策会合で政策金利の1週間物レポレートを19%から18%に引き下げることを決定。市場は金利据え置きを予想していただけにネガティブサプライズとなりそれまで12円72銭付近まで上昇していたトルコリラ円は12円45銭まで下落。対ドルでは史上最安値を更新した。
声明では「金融引き締めが信用や内需に与える影響は鈍化していることを鑑み、金融政策スタンスの見直しが必要であると判断し、政策金利の引き下げを決定した」との見解が示された。
トルコではインフレ上昇が続いていることから利下げは予想外となった。ただ、景気減速を懸念したエルドアン大統領が利下げを求めた。
物価上昇と景気への天秤がかけられておりTCMBとしては苦渋の決断ともいえる。それだけトルコ通貨にとっては捻じれが生じており、どこかで更にトルコリラの一段の下落は避けられない。
ただ、世界的なリスクオンの円安が進む中でトルコリラ円は一時的に買い戻しの動きが入りやすくなっている。

トルコリラ円予想レンジ:12円65銭(38.2%)~12円33銭(6月2日安値)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身で判断して取引を行ってください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ポンド円]BOEの早期利上げ観測とリスクオンの円安

(ポンド円日足)



FOMC会合が無難に通過したことでアジア市場からポンド円は堅調な地合いでスタート。
BOE政策会合直前には150円40銭付近まで買いが進んだ。
BOE会合では政策金利0.1%と資産買取プログラム規模8950億ポンドは据え置かれた。ただ、前回縮小を求めて反対したソーンダース委員に加えラムズデン副総裁も反対に回ったことで市場は利上げ時期を早めるとの見方が広がりポンド買いで反応。
NY市場では株式市場が三指数ともに大幅高で始まりリスクオンの円安が更に強まりポンド円は151円48銭まで上昇。そのまま高値圏で引けるなど堅調な地合いが続いている。
結局週初に中国大手不動産のデフォルト懸念が広がりポンド円が急落する前のレベル151円92銭に迫る動きとなっている。
往って来いになりやすいポンド円だけにそろそろ買い戻しも一巡する頃だ。
152円付近で上げどまりを見せるようなら週末ということもあり調整の下押しが強まるとみる。

ポンド円予想レンジ:152円00銭(76.4%、9月17日高値)~150円40銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身で判断して取引を行ってください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[全般]FOMCイベント通過と中国恒大集団懸念の後退

FOMC会合も無難に終了したことや中国恒大集団への過度な懸念も後退。市場はリスクオンが進みドル円クロス円ともに大きく上昇して引けている。

昨日のアジア市場では未明に行われたFOMC会合で予想以上にタカ派的な内容となったことでドル円は底堅い動きが先行。ただ、この日は日本市場が休場ということから市場参加者が少ないこともあり大きな動きは見られなかった。
欧州市場が始まると少しずつ円売りが進みクロス円全般に買いが先行。FOMC会合では雇用の伸びが鈍化する中で早期テーパリングへの思惑が後退し全体にタカ派的な見方が示されたことを好感。金利が一気に上昇するような動きは見られなかったことにより欧州株式市場で買われリスクオンの円安が進んだ。ドル円は110円台に乗せるとクロス円も底堅い動きで推移。
ただ、中国政府が中国恒大集団の破綻に備えるように地方政府に指示したとの報道が伝わるとドル円は109円76銭まで押し戻される場面も見られたがそれもすぐに買い戻されるなど一時的な下押しとなった。
中国恒大集団が一部利払いを実施したことや中国当局が実質国有化を検討しているとの見方もあり過度な懸念は後退。
NY株式市場は三指数ともに大幅高で始まるとドル円クロス円ともに買いが先行。米長期金利が上昇幅を拡大させたことでドル円は110円35銭まで上昇。クロス円も全面高となり結果米金利が上昇したものの円売りと同時にドル売りが進行して引けている。
市場は米金利上昇を既に織り込んでおり金利の動きによる為替への影響はドル円以外殆ど見られない。それよりもコロナ感染の影響を越え、早期にテーパリング実施を示したFRBの政策は景気回復に自信があるとの見方に反応。予定通り11月に発表し12月から実施。そして来年7月に終了し年末に利上げを行うといった流れを描いている。
結果、市場の余剰資金は少なくともそれまでは残るとの期待がリスクオンに繋がっているように見える。
一方、8月雇用者数が予想を下回ったことやコロナ感染拡大による経済の影響への懸念も残る。昨日発表された新規失業保険申請件数が予想を上回った。
また、ここにきて中国恒大集団デフォルト懸念が深刻になれば市場のセンチメントが一転する可能性もあり予断を許さない。
ただ今年後半のビッグイベントであるFOMC会合が無難に終了したことで株式市場はお祭り騒ぎのような様相を呈している。
今日は週末でこの流れを妨げるリスクがみられるようならムードは一転する可能性もある。売られた円の買い戻しを入れるタイミングを外さないようにしたい。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身で判断して取引を行ってください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する