ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2021-12

[米ドル円]FOMCとリスクへの警戒

(米ドル円日足)



先週はオミクロン株の懸念が広がりドル円は112円70銭付近から始まったが既存のワクチンの効果が高いことや重症化しないとの見方から懸念が後退したことで113円95銭まで上昇。NY株式市場も大きく上昇するなどリスクオンの円安が強まった。また、米前週分新規失業保険申請件数が52年ぶりの低水準となったことやCPIも前年比6.8%と39年ぶりの高い伸びとなったものの過度なインフレ懸念は後退。今週開かれるFOMC会合では予想通りテーパリング額を拡大し早期の利上げを行う可能性が高い。
ただ、市場は大分織り込んでいることもあり予想通りであれば一旦はドル売りで反応する可能性が高い。
また、オミクロン株や米中、米ロとの緊張関係の中でちょっとしたネガティブ材料に対しては過敏に反応しそうだ。NY株式市場も依然として値動きが荒い中で早期利上げに対して一時的に下落幅を拡大する恐れもあり一本調子のドル円上昇も考えにくい。
ただ、日米金融政策の違いによるドル買い円売りの流れは今後も継続することから押し目買いのチャンスを狙いたい。

本日のドル円予想レンジ:113円90銭(BB中心)~113円20銭
今週のドル円予想レンジ:114円40銭(61.8%)~112円30銭(BB下限)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身で判断して取引を行ってください。

【公式】ヒロセ通商(LION FX)動画チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCYhBsV902gg58u-bXPsqipA

専門家による相場解説とFX攻略法動画を多数公開中
いいね&チャンネル登録お願いします


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ米ドル]ECB理事会とFOMC

(ユーロ米ドル日足)



先週はオミクロン株への懸念が後退したことでユーロの買い戻しが強まり1.1355まで上昇。しかし、ウクライナ問題によるノルドストリーム2の停止に追い込むリスクが燻る中でユーロの上値も抑えられた。
今週はECB理事会があり、インフレ率は過去最大を記録する中で従来のAPPを一時的かつ限定的な拡大を検討するとの報道もある。実際に拡大するようならユーロ売りは強まることになるが、一時的ということで先行き減額の可能性が示されるようなら寧ろユーロ買いで反応。
ただ、今週はFOMC会合も開かれることからFRBとECBとの金融政策の違いが明確となれば最終的に対ドルでのユーロ売りが強まる可能性が高い。

今週のユーロドル予想レンジ:1.1440(50%)~1.1180

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身で判断して取引を行ってください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ポンド米ドル]BOE政策会合での利上げは

(ポンド米ドル日足)



先週はオミクロン株拡大への過度な懸念が緩んだもののジョンソン首相は新たな規制をイングランドで導入することを決定。ポンドは1.3161まで下落した。
今週はBOE政策会合が開かれるが物価上昇の懸念が高まる中で利上げを実施するかに注目が集まる。先週ブロードベントBOE副総裁が「総合インフレ率は向こう数か月で一段と上昇する可能性がある」「英国のインフレ率は4月には5%を超える」と発言するなど利上げの可能性を示唆。
一方、多くのメンバーは雇用や物価データの結果が更に必要との認識を示している。また、オミクロン株のデータも不十分の中で今回の会合では利上げは見送られる可能性が高い。
ただ、今週の会合前には英国11月失業率やCPIが発表されることから、その結果を受け一時的に利上げ期待が高まる可能性もある。
ただ、結果的に会合で利上げが見送られるようなら元のレベルに戻る往って来いが予想される。

今週のポンドドル予想レンジ:1.3340(BB中心、50%)~1.3180

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身で判断して取引を行ってください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[全般]FOMCなど各国中銀政策会合に注目

先週はオミクロン株拡大への懸念からリスクオフの円買いが先行したもののその後は既存ワクチンの効果が高いことや重症化へのリスクが低いとの見解が示されたことで世界の株価は上昇。リスクオフからリスクオンに転換するとドル円は112円後半から113円後半に上昇。原油価格も上昇する中で資源国通貨を中心としたクロス円が堅調な地合いで推移。一方、ウクライナ情勢による米ロの対立や北京オリンピックを巡る米中の関係悪化などの地政学的リスクの高まりなどが相場の足かせとなった。
ただ.週末に発表された米11月CPIは前年比6.8%と39年ぶりの高い伸び率となったが予想通りということで寧ろ過度なインフレ懸念が後退したとの見方が先行し株価は上昇。S&Pは史上最高値を更新するなど楽観的なムードが相場の下支えとなっていることは明らか。
今週はFOMC会合が開かれるがテーパリングの額が150億ドルから300億ドルに1月から増額すると予想される。
オミクロン株拡大による懸念が後退し、前週発表された11月雇用統計で失業率が急低下したことやCPIも過度なインフレ懸念が後退するなかで予想通りの結果となればドルが上昇。株価への懸念も楽観的なセンチメントが広がる中で限定的となればドル円だけ円安の動きが強まると予想される。
ただ、今週は15日に米債務上限引き上げ協議が行われるが難航するようならドル売りが強まりかねない。安心感が広がるオミクロン株だが死亡者などの単発的な報道により市場の不安が高まりかねない。また、中国恒大集団を発端とした中国不動産破綻懸念、そして米ロや米中の緊張の高まりによる地政学的リスクなど不安材料はいくつも燻る。

今週はBOEやECB、そして日銀やトルコ、そしてスイスなどの政策会合が開かれる。
特に注目されるECB理事会では物価上昇への懸念はあるものの従来のAPPを一時的に拡大することが検討されると予想。FRBとの違いが明確となればユーロ売りが更に強まりかねない。ただ、それ以降の規模縮小などが示されるようなら反対にユーロ買いに反応する可能性もあり注目される。
いずれにしてもクリスマスを前に今週は今年最後の注目イベントが集中することで株価を中心に相場が一段と乱高下する可能性が高い。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身で判断して取引を行ってください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する