ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2022-11

[米ドル円]FOMC前にドル高修正

(米ドル円日足)



FOMC会合を前にドル円はドルロングポジションの巻き戻しが入り148円81銭から146円99銭まで下落。FOMC会合では12月の利上げ幅が0.5%に低下するとの見方がドル売りを誘った。ただ147円を片足突っ込んだ後は148円34銭まで反発するなどドル円の買いの強さを再確認。明日未明のFOMC会合でパウエル議長が利上げペースの緩和を示唆するようならドル売りが強まるとしても147円付近は買いが待ち構えているとみる。
反対にこれまでのペースを維持するとしてもドル買いは大分織り込んでおり今回の結果だけでは150円を上抜く勢いはないとみる。
パウエル議長は利上げペースを落とすとしてもターミナルレートを5%付近までは利上げを継続するといった、出来るだけ市場のショックを与えないような内容になりそうだ。

ドル円予想レンジ:149円30銭(61.8%)~147円00銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身で判断して取引を行ってください。

【公式】ヒロセ通商(LION FX)動画チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCYhBsV902gg58u-bXPsqipA

専門家による相場解説とFX攻略法動画を多数公開中
いいね&チャンネル登録お願いします


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ米ドル]FOMCとユーロのトレンド転換

(ユーロ米ドル日足)



今年2月から始まったユーロ下落トレンドラインを先週上抜けたことでトレンド転換かと思われたが今週は再び割り込んできた。FOMC会合で利上げペースが緩和されるとの見方からドル売りが強まったことがトレンド転換のきっかけとなった。今日のFOMC会合でもし利上げペースに変化がなければ下降トレンドはもう暫く継続することになる。
反対に予想通りペースダウンとなれば再度ラインを上抜けるとみるが欧州景気悪化や物価上昇などへの懸念が燻る中でユーロの上値も限定的。上昇トレンドというよりも横ばいに転じる可能性が高い。

ユーロドル予想レンジ:0.9950~0.9810(50%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身で判断して取引を行ってください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[豪ドル円]RBA 0.25%の利上げ決定

(豪ドル円日足)



昨日の東京時間に開かれたRBA政策会合では政策金利を予想通り0.25%引き上げ2.85%に決定。これを受け豪ドル円は売りで反応。一部で0.5%の利上げ観測も広がり発表前に豪ドル円は95円56銭まで買われた反動が見られた。同時に発表されたGDP見通しや雇用見通しが下方修正されたことも嫌気された。その後ドル円が対ドルで下落幅を拡大したことで豪ドル円の下げ幅は拡大しNY市場で94円51銭まで下落した。
NY株式市場が続落したこともリスクオフの豪ドル売りで反応。
明日未明に行われるFOMC会合でもし利上げペース減速との見方が広がればリスクオンの豪ドル買いで反応するとみるが、その反対に変化がなければ一段の売りが強まりそうだ。
ただ、日銀との金融政策の違いからの買いは今後も継続することから大きく下落すれば押し目買いのチャンス。

豪ドル円予想レンジ:95円60銭(61.8%)~93円70銭(BB中心)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身で判断して取引を行ってください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[全般]FOMC後のパウエル議長発言に注目

明日未明に公表されるFOMC会合の結果とその後のパウエル議長の発言で今後の利上げペースに変化がみられるのかに市場の注目が集まっている。
昨日の東京市場でドル円は上値の重い展開で推移。FOMC会合を控え市場は既に今回の0.75%の利上げを織り込み済みで12月の利上げ幅が縮小するとの見方がドルの上値を抑えた。これまでのドルロングポジションの調整が入り欧州市場で148円を割り込むと損切りを巻き込み146円99銭まで下落。ユーロも0.98後半から0.99ミドルまで上昇した。
しかしNY市場でドル買いが一気に進んだ。この日発表された米10月ISM製造業景況指数は好不況の分かれ目となる50を辛うじて維持。また、同時に発表された9月求人件数(JOLT)が予想を上回ったことでFRBの利上げペースは維持されるとの見方からドル買いが強まりドル円は148円前半まで反発。ユーロも0.98ミドルまで下落した。
その後大統領経済諮問委員会(CEA)メンバーが「大統領はFRBの政策転換を支持」との報道でドルが売られる場面も見られたが直ぐに戻されるなど神経質な動きが続いた。
注目のFOMCは明日未明に発表されるが、もしパウエル議長が利上げペースに関して言及がなければドル買いの動きが強まることになる。
反対に何らかの変化を示唆するようならドル売りに反応する。それが政策転換に繋がるものとなれば市場にショックを与えるが、そのような発言はなさそうだ。利上げペース緩和と同時にターミナルレートを5%程度まで引き上げるとなれば寧ろドルは底堅い動きになる。もし無風で通過するようなら次は週末の雇用統計に注目が集まりそうだ。
昨日のように求人件数の発表だけでこれだけドルが動くとなれば、雇用統計での賃金動向などの結果が今後のFRBの政策に市場の思惑は再び高まることになる。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身で判断して取引を行ってください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する