ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2023-03

[米ドル円]リスクオフとFRB

(米ドル円日足)



先週はSVBやその他米銀破綻報道とクレディスイス(CS)の経営不安などからリスクオフの円買いが進んだ。同時にFRBの利上げペース鈍化への思惑からドル売りが進みドル円は135円付近から131円56銭まで3円余り下落。
米銀の破綻についてはFRBや財務省による預金者保護が示され、CSもスイス中銀が支援するとの迅速な措置で一先ず落ち着いたかと思われたが、週末には再び円買いドル売りで引けている。
今週開かれるFOMC会合では利上げが0.5%ではなく0.25%、或いは停止するとの見方も浮上。もし、0.5%利上げしたとしても今後利上げを見送るとの見方が多い。
いずれにしても、不安感が払しょくできずにリスクオフの円買いが進み同時に利上げペース鈍化が示されるようなら一段のドル円下落リスクが高まる。

本日のドル円予想レンジ:132円60銭~131円40銭(61.8%)
今週のドル円予想レンジ:134円00銭~130円00銭(76.4%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身で判断して取引を行ってください。

【公式】ヒロセ通商(LION FX)動画チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCYhBsV902gg58u-bXPsqipA

専門家による相場解説とFX攻略法動画を多数公開中
いいね&チャンネル登録お願いします


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ米ドル]強気のECBに対しFRBは

(ユーロ米ドル日足)



先週のECB理事会では政策金利を予想通り0.5%引き上げたが、市場は米国金融システム不安が欧州にも波及するとの見方もあり利上げ幅を縮小もしくは停止するとの見方もあった。ECBは0.5%の利上げをすることで寧ろ金融システムに問題ないとの姿勢を示す狙いもあったかもしれない。
今週は金融不安が燻る中でFRBがECBと同様に強気の姿勢を示すのか注目。今回のSVBなどの破綻の一因としては急速な利上げによるとの見方もありFRBがこれまでのような強気のスタンスを維持するようなら市場の不安を更に高める可能性がある。
先週発表された2月のCPIやPPI、そして小売売上高がそれぞれ1月より弱い結果だったことはFRBの利上げペースを緩めるものでもある。
いずれにしても今週のFOMCではECBの強気姿勢とは異なる動きを見せる可能性が高く、ユーロは対ドルで底堅い動きが予想される。

今週のユーロドル予想レンジ:1.0820(61.8%)~1.0550

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身で判断して取引を行ってください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ポンド米ドル]BOEと英2月CPI

(ポンド米ドル日足)



先週は米銀の破綻報道で市場に不安感が広がる中、CSの経営不振が伝わると英国にも飛び火するとの見方からポンドは1.2010まで下落。しかし、その後米長期金利が低下したことで1.22ドルまで上昇。高値圏で引けている。
今週はFOMC会合前にBOE政策会合が開かれるが政策金利を0.25%引き上げると予想される。ただ、その前には英2月CPIの発表があり、前月の10.1%から9.9%に鈍化すると予想される。先週発表された英賃金上昇率は久しぶりの鈍化を示しており、CPIも鈍化傾向を示すようなら利上げサイクルの終盤に近付いているとの見方からポンド売りが強まる可能性が高い。
ただ、それ以上にFOMCでは利上げペースを鈍化、或いは停止するとの見方からポンドの下値も限定的とみる。

今週のポンドドル予想レンジ:1.2280(76.4%)~1.2050

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身で判断して取引を行ってください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[全般]金融不安とFOMC

先週はSVB破綻報道で金融システム不安が広がりリスクオフの円買いが先行しドル円クロス円ともに下落。ドル円は132円前半まで下落。その後米財務省やFRBが全預金者の資金を保護するとの迅速な措置により一先ず安心感が広がったことで円の戻り売りが強まりドル円も135円台を回復した。
ところがその後クレディスイス(CS)の信用不安が広がるとリスク回避の円買いが再開。
こちらもスイス中銀やスイス連邦金融市場監督機構(FINMA)が「必要であればCSに対して流動性を提供する」との報道で収まったと思われた。
しかし、市場の不安感は払しょくできず、週末には再びリスクオフの円買いが進みドル円は131円ミドルまで下落。安全通貨の円が買われるとともにドルが下落。
SVBだけではなくシグネチャーバンクやシルバーゲートなどの3行が破綻に追い込まれ、同時にCSの信用不安など米金融システム不安が欧州にも波及した格好だ。
米金融機関の破綻はFRBの急激な利上げが背景にあるとの見方もあり、今週のFOMC会合での今後の金融政策に注目が集まる。
今月初旬に行われたパウエル議長の議会証言では「利上げスピード加速の用意」「ターミナルレートは予想以上に高くなる可能性」などのタカ派発言があり市場は今回のFOMC会合で0.5%の利上げを織り込むように米長期金利は4%台に上昇。ドル全面高となりドル円も137円90銭まで上昇した。しかし、今回の銀行破綻により市場のセンチメントは一変。利上げが加速するようなら第二第三のSVBが増えるとの不安が広がりかねない。
もし利上げが実施されたとしても今後は慎重な姿勢が示される可能性が高く、利上げはドル売りを一段と進める可能性が高い。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身で判断して取引を行ってください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

店頭外国為替証拠金取引は、為替レートの変動等による損失発生のおそれがあり、かつ、その損失が預託証拠金を上回ることがあります。また、想定元本と比較して、少額の資金で取引することができるため、多額の利益を得ることもありますが、短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。 スワップポイントは、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。また、将来にわたり、保証されるものでもありません。 取引レートは、2way priceです。売値と買値には差があり、その差をスプレッドといいます。取引手数料は無料ですが、スプレッドがお客様のコストとなります。 個人のお客様の必要証拠金は、想定元本× 4%以上の額で、法人のお客様の必要証拠金は、法令等の規定する方法で算出した為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。
取引にあたっては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。



商号 : ヒロセ通商株式会社
業務内容 : 第一種金融商品取引業
登録番号 : 近畿財務局長(金商)第41号
加入協会等 : 一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)
    日本証券業協会 日本投資者保護基金

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する